生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
健康・子育て
評価:
長尾 和宏
山と渓谷社
¥ 1,296
(2017-09-16)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(長尾和宏著『歩き方で人生が変わる』)         

○<歩く速度が速く歩幅が広い人>は<リーダーシップ>、<歩く速度が速く歩幅が狭い人>は<信念の人>、<のんびり歩く人>は<マイペースの人>です。(長尾和宏)

○<年収が高い人>ほど、<歩行速度が速い>。(長尾和宏)

○<世帯所得が200万円未満の家族>は、<1日の歩数>が<年収600万円以上の家庭より明らかに少ない>。(長尾和宏)

○<歩行格差>は、<健康格差>となる。(長尾和宏)

○<歩ける>のに<歩かない人>が、<下流老人>になる。(長尾和宏)

○<幸せ>は、<歩行>で作られる。(長尾和宏)

○<肩甲骨>から<歩き出す>。(長尾和宏)

○<腕>は<後ろに引く>ことを意識して<歩く>。(長尾和宏)

○<骨盤>を<前傾>させて<歩く>。(長尾和宏)

○<着地>は<踵の真ん中>でする。(長尾和宏)

○<幅5cmほどの1本線の上を歩く>ことを意識して<歩く>。(長尾和宏)

○<現代人の病気の9割>は、<歩く>だけで<予防出来る>。(長尾和宏)

○<座りっぱなし>は、<命を縮める>。(長尾和宏)

○<健康寿命を延ばす>には、<歩く>ことが一番です。(長尾和宏)

○<室内移動>も<立派な歩行>です。(長尾和宏)

○<生きること>は、<移動すること>です。(長尾和宏)

○<転倒;骨折>しても<痛みが和らげば>歩こう、家の中を<移動出来る>内は<歩く>ことを諦めないことです。(長尾和宏)

○<座ったままで踵の上げ下げ>だけでも効果がある。(長尾和宏)

○<移動>が<人間の尊厳>であり、<病院で治せない時>は<家に帰る時>なのです。(長尾和宏)

○<寝返り>も、立派な<仮想歩行運動>です。(長尾和宏)

○<自動座位>が難しくなったら、<受動座位>をするようにする。(長尾和宏)

○<生きている>限り、<動く>ことを諦めないことです、<動く>ことが<生命の証>だからです。(長尾和宏)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 10:09
comments(0), trackbacks(0), -
生き方・人生
評価:
---
---
---
()
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(はあちゅう著『「自分」を仕事にする生き方』)         

○<自分の運命の相手>は、<いつの間にか自分の人生にいる>。(はあちゅう)

○<仕事>は、<自分が生きやすい世界を作るためにある>。(はあちゅう)

○<仕事>は、<自分が幸せになるためのもの>です。(はあちゅう)

○<自分が幸せにならない仕事>は、<手放して良い>。(はあちゅう)

○<仕事(会社)>は、<ゲーム感覚で作れる>。(はあちゅう)

○<お金>は、<回すもの>です。(はあちゅう)

○<淡々と続ける>ことが、<自分の好きなこと>を<仕事にする(お金にする)>ことの本質です。(はあちゅう)

○<収入源>は、<複数確保する>ことが大切です。(はあちゅう)

○<自分の好きなこと>を<仕事>にして、<お金にする(お金になるまで続ける)>。(はあちゅう)

○先ずは、<自分の強み>を<無料で他人に提供する>ことです。(はあちゅう)

○最初は、自分の<お金と時間>を注いで、<評判を作る>ことを優先させることです。(はあちゅう)

○<不完全な自分のまま>で<理想に向かって努力すること>が大切です。(はあちゅう)

○<逃げ出したい時>ほど、<後ちょっとで自信が得られるチャンス>なのです。(はあちゅう)

○<楽しそうなこと>には、<どんどん飛び込んでみる>ことです。(はあちゅう)

○<人脈>とは、<信頼関係(利用価値がある自分になる)>のことです。(はあちゅう)

○<輝いている人>には、<輝いている人>が集まって来ます。(はあちゅう)

○<輝かしい瞬間>と<地味な瞬間>は、交互に訪れます。(はあちゅう)

○<上手く行かない日>に<一番良い方法>は、<諦めること、自分を責めないこと>です。(はあちゅう)

○<お金に振り回されなくなってから>が、<自分(の好きなこと)を仕事にする>の<本番のスタート>なのかもしれない。(はあちゅう)

○<誰かを認めてあげる>と、<自分も成功者になる>。(はあちゅう)

○<本当に他人の価値が分かる人>とは、<自分も才能を磨いて来た人>です。(はあちゅう)

○<成功している人>で、<努力をしていない人>はいません。(はあちゅう)

○<悪口>ばかり耳に聞こえて来る<会>には、<凄い人>はいない。(はあちゅう)

○<夢を持っている>だけで、それは<才能>です。(はあちゅう)

○<自分の好きなこと>を<磨き続ける>と、<仕事(お金)になる>。(はあちゅう)

○<自主的にやっていること>は、<楽しい>のです。(はあちゅう)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村








author:心野琴線, category:生き方・人生, 09:05
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
評価:
五味 常明
ハート出版
¥ 1,404
(2006-07)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(五味常明著『岩盤浴の秘密』)         

○<岩盤浴>とは、<自然の鉱石やプレート(岩盤)[遠赤外線(6〜14ミクロンの波長の生体に優しい育成光線)とマイナスイオンが放射されている必要がある]に熱を加えて、利用者がその上に横になることで生体への温熱効果を期待する温浴法>です。(五味常明)

○<岩盤浴>の<効能>は、<遠赤外線とマイナスイオンの相乗作用>です。(五味常明)

○<マイナスイオン>には、<界面活性作用>があり、<血液をサラサラにしてくれます>。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<人間炭火焼き>です。(五味常明)

○<岩盤浴>の<温熱効果>は、<深く、長く続く>。(五味常明)

○<汗をかかない>のは、<退化の証拠>です。(五味常明)

○<汗をかけない>と、<変温人間>になる。(五味常明)

○<汗腺の退化>により、<病気の連鎖(冷房病等)>になる。(五味常明)

○<岩盤浴>の<汗>は、<代謝力>を高める。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<身体に優しい>。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<免疫力>を高める。(五味常明)

○<岩盤浴>の<汗>は、<天然の化粧水>です。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<食べながらダイエット>していることになる。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<排出系ダイエット>となる。(五味常明)

○<岩盤浴>は、<高齢者>にこそ適切です。(五味常明)

○<岩盤浴>と<リハビリ>を併用すると、<リハビリ効果>をもっと高めることになる。(五味常明)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 08:54
comments(0), trackbacks(0), -
生き方・人生
本(桑原晃弥著『ウォーレン・バフェット成功の名語録』)         

○少しずつ<金持ちになる>ことだ。(ウォーレン・バフェット)

○<素晴らしい企業>を、<まずまずの価格>で<買う>ことだ。(ウォーレン・バフェット)

○<簡単なこと>をやれ!(ウォーレン・バフェット)

○<内なるスコアボード>で納得が行くと、それが拠りどころとなる。(ウォーレン・バフェット)

○<リスク>は、<自分が何をやっているかよく分からない時に起こる>ものです。(ウォーレン・バフェット)

○<小さなこと>で<規律を破る>と、<大きなこと>でも<破る>ようになる。(ウォーレン・バフェット)

○<独力で考えない>なら、<投資>では<成功しない>。(ウォーレン・バフェット)

○<周りが怖がっている時>は<貪欲>に、<他人が貪欲になっている時>は<慎重>にする。(ウォーレン・バフェット)

○<辛抱強さ>や<冷静さ>が大切です。(ウォーレン・バフェット)

○常に<道理>を重視した。(ウォーレン・バフェット)

○<投資>は、<人一倍読み、考える>ことが必要である。(ウォーレン・バフェット)

○<自分が本当の意味で理解している>のなら、<他人が理解出来るように表現出来る筈です>。(ウォーレン・バフェット)

○<自分にとって本当に重要なこと>以外は、「ノー」と断ることも大切である。(ウォーレン・バフェット)

○<判断>とは、<5分間>でたやすく出来るものです。(ウォーレン・バフェット)

○<やり方を心得ていることすべて>を<素早くやる>、とにかく<やり遂げる>。(ウォーレン・バフェット)

○むやみに輪を広げず、じっと待つ。(ウォーレン・バフェット)

○<自分が好きなこと>を、<飛び切り上手にやること>が大事です。(ウォーレン・バフェット)

○<事業の多角化>は、<無知を隠す一つの手段>です。(ウォーレン・バフェット)

○<熱意>こそが、<抜きんでるための対価>です。(ウォーレン・バフェット)

○<人生で一番重要な仕事>は、<子供を育てること>です。(ウォーレン・バフェット)

○<愛を得る>には、<愛される人間>でなければならない。(ウォーレン・バフェット)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:生き方・人生, 09:47
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
評価:
宮野 博隆
現代書林
¥ 1,404
(2016-12-15)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(宮野博隆著『「脳の呼吸」を整えれば、あなたの全身はよみがえる!』)         

○<身体の不調の原因>は、<膨れた頭(脳圧の上昇により、脳に持続的な圧迫ストレスが加わっている)>である。<宮野博隆)

○<脳>では、<心臓>から送られた<血液>から<CSF(脳脊髄液)>という<体液>が作られている。(宮野博隆)

○<休養>が<不十分>だと、<脳>は<疲労>します。(宮野博隆)

○<疲れる>と<太る>のです。(宮野博隆)

○<冷え症>は、<腎臓の慢性炎症>が原因です。(宮野博隆)

○<18℃〜22℃>くらいが、<脳の活動・身体の活動>には<適温>です。(宮野博隆)

○<冷え症対策>としては、<入浴後>に<肩甲骨の下の部分(腎臓)>を、<保冷剤>で<30秒間〜1分間>ほど<冷やす>と良い。(宮野博隆)

○<頭>は、<膨らんだり縮んだりすることを繰り返している>。(宮野博隆)

○<痛み>の<原因>のほとんどは、<疲労>によって引き起こされる。(宮野博隆)

○<睡眠不足;同じ姿勢を長時間続けること>は、<絶対に禁物>です。(宮野博隆)

○<炎症や腫れや強い痛み>には、<免疫力低下>による<全体的な衰弱>が関係している。(宮野博隆)

○<極性タッチ>とは、<右の手の平を一瞬右の太腿に接触させ、次に左の手の平を一瞬左の太腿に接触させることを、交互に10〜20回くらい繰り返す>ことです。(宮野博隆)

○<踵上げ法>とは、<爪先は着いたままで、ゆっくりと右の踵を1僂曚評紊欧藤隠吃担岼幣綏兮海掘⊆,鳳Δ隷は元に戻して、ゆっくりと左の踵を1兢紊欧藤隠吃担岼幣綏兮海垢襪海箸髻∈険Ω鮓澆紡海韻襦笋海箸任后(宮野博隆)

○<筋膜ストレッチ>とは、<腕を伸ばして手首のところで重ね、顔は前を向いたままで動かさず、手首を重ねた時に上になっている手の方向に肩を回転(30度以内)させて[15秒間]止めておくことを、左右交互に各3回繰り返す>ことです。(宮野博隆)

○<耳>;<首の一番上>;<鳩尾(みぞおち)>を、最後に叩いて締めくくると効果的です。(宮野博隆)






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 05:58
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
本(景山 司著『家庭で楽しめる岩盤浴温泉』)         

○<微量放射線>には、<抗癌効果(ホルミンス効果)>がある。(景山 司)

○<放射線ホルミンス効果>は、<アポロ計画>で発見された。(景山 司)

○<X線技師;原発従業員>にも、<健康効果>が見られた。(景山 司)

○<ホルミンス母岩浴>をすると、<皮膚からマイナスイオンが吸収される>。(景山 司)

○<ホルミンス母岩>を、<30分間〜1時間>程、湯船に浸けてから<風呂>に入るようにする。(景山 司)

○<給湯タイプのお風呂>は、<ホルミンス母岩>を湯船に入れ、熱いお湯をゆっくり出すようにすると、熱いお湯が少し冷めてぬるめ(36〜39度程)になった時が<入浴のタイミング>です、<お湯>が<還元水>になっています。(景山 司)

○<ホルミンス母岩浴>では、<ぬるめのお湯>に入ることをお薦めします。(景山 司)

○<ホルミンス母岩>による<入浴時間>は、<39度>くらいであれば<20分間>、<36度>くらいであれば<40分間>程が良い。(景山 司)

○<入浴前>には、十分に<かかり湯>をするようにする。(景山 司)

○<ホルミンス母岩浴>は、<ぬるめの温度>で<半身浴>が良い。(景山 司)

○<月に1回くらい>は、<ホルミンス母岩浴>を控えるようにする。(景山 司)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 09:44
comments(0), trackbacks(0), -
暮らしの知恵
評価:
---
---
---
()
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(弓木春奈著『気象災害から身を守る大切なことわざ』)         

○<蛇(じゃ)抜け(山崩れ・土石流)>の前には、<きな臭い臭い>がする。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<山潮(脱げ流れ:土石流)>の前には、川の水に<異臭・悪臭>がする。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○山の方で<雷のような音(地鳴り・山鳴り)>がしたら、とにかく逃げ出せ。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○降雨中に、川水減れば<山津波>あり。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<沢の音>がしている時は安全だが、<沢の音>が止まると恐い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<大雨>の時は、いつもは透明な湧水(ゆうすい)に濁りが出たら逃げろ。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<根こそぎの流木>が多い時は油断出来ぬ、<洪水>だ。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<川(かわ)垢(あか)(水草・藻)>が多く流れる時は、<洪水>近し。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<井戸の水>が<増える>と、<変事>が起こる。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<山の生き物>が<里に下りて来る>と、<火山爆発>の前兆だ。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<地熱>はなはだしきことあれば、<火山爆発>の<前兆>なり。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○山里にて、<一夜の間>に<樹木の花咲くこと>あれば、<大噴火>近し。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<急に潮が満ちる時>は、<雨が降る>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<海鳴り>が聞こえると、<暴風雨>が来る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<夏の東風が2〜3日続く>と、<台風>が来る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<綿菓子のような雲>が出ると、<荒れ模様>になる。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○乾(いぬい)(北西)の方に<黒雲>起こると、<大夕立>か<雹(ひょう)>が降る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<入道雲(積乱雲)>が出ると、<雹(ひょう)>が降る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○山に<黒雲>がかかると、<暴風雨>が近い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<白雲>が糸を引けば(巻雲)、<暴風雨>が近い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<白い雨(雨粒が地面に跳ね返ってしぶきを上げて白い雨に見える)>が降ると、<蛇(じゃ)抜け(山崩れ・土石流)>が起こる。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<夜中の雷>は、<大雨>のサインです。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○田舎のばあさんと、<マジの風(南風)>は<手ぶらじゃ来ない(雨をもたらす)>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<アマガエルが鳴く>と、<雨が降る>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<カラスが巣に急ぐ>は、<雨>が近い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<ツバメが盛んに餌を運ぶ>と、<雨>が近い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<ニワトリが朝遅く鳴く>と、<雨>が近い。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<電車の音が近く聞こえる時>は、<風が立つ>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○雨後、<鐘の音が近く聞こえる時>は<晴れ>である。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<丑寅の風(北東の風)>が吹くと、<雪>が降る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○冬空に<大音響>があると、<大雪>の兆しです。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<水害>の時には、<杖のような棒>で<前方を突きながら歩け>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<竜巻>は、<稲妻のある方>から<起こる>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<異常な引き潮>には、<津波>の用心をする。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<桜が咲いた>ら、<山火事>に注意せよ。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<寒>きつければ、<土用(夏)>きつし。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<梨や柿>が<鈴なりに実る年>は、<大風>あり。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<蜂>や<蜘蛛>が<巣を低く作る時>は、<大風>が来る。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<クラゲ>が多い年は、<大雪>あり。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<大雪>は、<豊年>の印です。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)

○<川沿いの木>を、<むやみに切ってはいけない>。(『気象災害から身を守る大切なことわざ』)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:暮らしの知恵, 11:01
comments(0), trackbacks(0), -
武術・芸術・スポーツ
評価:
野村 克也
彩図社
¥ 1,500
(2016-12-27)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(野村克也著『最強の組織をつくる野村メソッド』)         

○<感謝の心>が、<組織を成長させる>。(野村克也)

○<適材適所>が、<組織力を左右する>。(野村克也)

○<派閥>が、<組織を崩壊させる>。(野村克也)

○<ゴール>とは、<スタートライン>である。(野村克也)

○<感性>が、<組織に命を吹き込む>。(野村克也)

○<仲良し集団>では、<組織は弱体化する>。(野村克也)

○<理不尽な現場介入>を<許すな>。(野村克也)

○<心が変わる>と、<人生が変わる>。(野村克也)

○<規律>無きところに、<真の実力>は育たない。(野村克也)

○<姿の乱れ>は、<心の乱れ>である。(野村克也)

○<プロセス>を<重視せよ>。(野村克也)

○<言い訳>は、<進歩の敵>である。(野村克也)

○<基本>は、<繰り返す>ことに意味がある。(野村克也)

○<ポジション>が、<人を作る>。(野村克也)

○<聞く力>を<磨け>。(野村克也)

○<損をしたくない>と思うと、<損をする>。(野村克也)

○<教えない>のが、<名コーチ>である。(野村克也)

○<失敗>と書いて、<成長>と読む。(野村克也)

○<再生>の<極意>は、<愛>である。(野村克也)

○<小事>が<大事>を生む。(野村克也)

○<変わること>は、<進歩>である。(野村克也)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:武術・芸術・スポーツ, 10:48
comments(0), trackbacks(0), -
人間関係・社会
評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(内海 聡著『この世界の秘密』)         

○<世論を信じる者>は、<自分で目を隠し、自分で耳に栓をしている>。(内海 聡)

○私は宣戦しない、戦争を作るのだ。(フランックリン・ルーズベルト)

○人々は、<本音>でぶつかるべきだ。(内海 聡)

○<事象>は<必然の要素>があって起こっているのだから、<起こったこと>に<囚われている>内は<物事は解決しない>。(内海 聡)

○<理由>を考え、<根幹>を理解し、<原因>を除去しない限り、<物事を解決することは出来ない>。(内海 聡)

○<専門家のレベル>に追いつくまで、<自分で勉強する>ことだ。(内海 聡)

○<2方向>もしくは<3方向>から<調べ、考えよ>。(内海 聡)

○<低温サウナや岩盤浴>は、<汗>の排出により<毒素や重金属等>も排出する。(内海 聡)

○<食品添加物>は出来るだけ避け、<無農薬>の野菜を探し、質の良い<豚肉・鶏肉>を中心にする、魚は<青魚>を重視し、全部をたべるようにする。(内海 聡)

○<白砂糖・甘味料>は避ける、<調味料>は厳選する、<水>は質の良いものにする、<シャワー>にも<浄水器>を付ける、<フッ化物>や<サッカリン>が入っていない歯磨き粉にする、<チェーン店>で食事をしない、<甘味料の入ったジュース>や<トクホ飲料>は飲まない、<コンビニエンスストア>の食品は食べない、<牛乳>は避ける、<トランス脂肪酸>は避ける。(内海 聡)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:人間関係・社会, 09:48
comments(0), trackbacks(0), -
成功・豊かさ・幸せ
評価:
スティーブ・モリヤマ
ソフトバンククリエイティブ
¥ 1,404
(2004-01-28)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(スティーブ・モリヤマ著『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)         

○<自分を大切にする者>は、<他人も大切に出来る>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○何でも鵜呑みにするな、人間は鵜ではない。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○口は一つ、耳は二つ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○お金を追うな、お金には追われるようになれ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<学ぶ>ことは<知る>こと、<知る>ことは<変わる>ことです。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<失敗>を怖れるな、やろうともせずに逃してしまう<チャンス>こそ、怖れるに値するのだ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<何もしないこと>こそ、<最大のリスク>なのだ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<無>から<有>を生み出す喜びを知れ、それには<質問力>が大切だ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<笑って>ツキと若さを引き寄せろ。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<皆に良い奴>とは、<誰の友達でもない>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<罠を仕掛ける者>は、<罠に落ちる>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<大勢の後>に<ついて行ってはいけない>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<批判する>方が、<正確であること>よりも遥かに易しい。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<混沌を見極める者>が、<お金を掴む>のである。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<意外性に賭けてみる者>が、<お金を掴む>のである。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<学ぶ>とは、、<全く違った見方をすることです>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<状況が悪くなればなるほど>、<形勢逆転は容易になる>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<神(大いなるもの)>は、<越えられない試練>を<人には与えない>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<チャンス>とは、<大抵大変そうに見えるものです>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<現状維持>こそ、<最大のリスク>である。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<一番キツイ>のは、<何もしないことだ>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<物事の新しい秩序を生み出そうとすること>ほど、<骨が折れ、リスクをはらみ、不確実性が伴うことはない>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<完璧主義>は、<創造の天敵>である。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)

○<笑わなくなる>から、<歳を取るのだ>。(『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村






author:心野琴線, category:成功・豊かさ・幸せ, 09:33
comments(0), trackbacks(0), -