生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
生き方・人生
評価:
小林 正観
ダイヤモンド社
¥ 1,720
(2015-02-14)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(小林正観著『ありがとうの神様』)  2            

○「ありがとう」は、<神様(大いなるもの)への感謝>としてカウントされます。(小林正観)

○<すべて>は、<自分に丁度良い>。(小林正観)

○【<自分と他人>を<赦す>】と、【<痛み>が無くなる】。(小林正観)

○<人間の心のレベルが上がる時>に、【<不幸>という名の<試験>がやって来る】。(小林正観)

○<お金>は、<他人の役に立つように使う>と<4倍以上になって返って来る>。(小林正観)

○<お金>は、<意思>を<持っている>。(小林正観)

○【<自分で考えて行動出来る子供>を<育てる>】ことこそが、<教育>です。(小林正観)

○<病気>は、<人格(心)>と<連動している>。(小林正観)

○【「ありがとう」を<言い続ける>】と、【また「ありがとう」を言いたくなる現象が降って来る】。(小林正観)

○<親子関係;夫婦関係;仕事関係>でも、【<自分が[条件]を振り回すのではなく、「私を選んでくれて、ありがとう」と言えるようになると、問題が起きることは少なくなります】。(小林正観)

○【<この人は、こういう人だ>と丸ごと認める】と、【<すべての人間関係>は<上手く行く>】。(小林正観)

○<究極の愛の形>は、<ただ、相手の側に居てあげること>です。(小林正観)

○<どんな悩みも消し去る>には、<すべてを受け入れること>です。(小林正観)

○<不幸>は、<幸せ>の<前半分>です。(小林正観)

○今目の前の<人;事;物>を<大切にする>。(小林正観)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:生き方・人生, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
人間学
本(鈴木博毅著『実践版孫子の兵法』)              

○<大きな勝利の90%>は、<自分以外の要素で決まる>。(『実践版孫子の兵法』)

○<新しく取り組むことのすべての情報>を<集めて置く>。(『実践版孫子の兵法』)

○<ネガティブ・インパクト>のみが、<人を動かす>。(『実践版孫子の兵法』)

○<失うものをイメージする>と、<人はすぐに動く>。(『実践版孫子の兵法』)

○<事前>に、<勝つ条件を積み重ねる>。(『実践版孫子の兵法』)

○<3倍早く準備する>なら、<奇跡や幸運なしに勝てる>。(『実践版孫子の兵法』)

○<想定外なこと>が起きても、<目的を達成出来る手配>をして置く。(『実践版孫子の兵法』)

○<多くの準備を行う者>が<勝つ>。(『実践版孫子の兵法』)

○<多面的>に優劣を比較する。(『実践版孫子の兵法』)

○<万全の準備>を行なう。(『実践版孫子の兵法』)

○意識して<選択肢を増やす>。(『実践版孫子の兵法』)

○<管理>とは、<機会を掴み、成果を最大化すること>である。(『実践版孫子の兵法』)

○<小さな[成功・勝利]を積み重ね>、壁を突破する自信を与える。(『実践版孫子の兵法』)

○<機会(チャンス)>を<見抜く力;掴む力>が、<大勝利>を生み出す。(『実践版孫子の兵法』)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:人間学, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
仕事・経済
評価:
瀧本 哲史
講談社
¥ 929
(2012-06-26)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(滝本哲史著『武器としての交渉思考』)   2           

○<会社で働くこと>=<交渉を行うこと>です。(滝本哲史)

○<2人以上の人間が集まる>と、<必ず[交渉]の必要が出て来ます>。(滝本哲史)

○<交渉>を行なう時には、【<ロマン>と<ソロバン>の両方を考えることが不可欠です】。(滝本哲史)

○<交渉>とは、前提となる<ルール>そのものを変えて行く<ゲーム>です。(滝本哲史)

○<お金を集める能力>とも密接に関連するのが、<交渉>の力です。(滝本哲史)

○具体的に<メリット>が実感出来る<提案>をすることが大切です。(滝本哲史)

○<相手の[利害]>に焦点を当てて、<交渉(コミュニケーションの一つ)>をする。(滝本哲史)

○<交渉>は、<相手の主張>を沢山聞けた方が<勝ち>です。(滝本哲史)

○<交渉>のポイントは、<沢山聞いて、沢山提案する>ことです。(滝本哲史)

○<交渉>は、<静かに相手の話を聞いて、冷静に分析出来る人が勝つ>。(滝本哲史)

○常に<複数の選択肢>を持つことが大切です。(滝本哲史)

○<交渉>は、<最初のアンカリングによって決まる>。(滝本哲史)

○<無条件の譲歩>は、<絶対にしない>ことです。(滝本哲史)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:仕事・経済, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
本(長尾和宏著『認知症は歩くだけで良くなる』)              

○<ご飯の食べ過ぎ;歩かない生活>が、<糖尿病>を増やす。(長尾和宏)

○<認知症>を<治す薬>は、まだ無い。(長尾和宏)

○<認知症医療>で大事なことは、[ウォーキング&食事]です。(長尾和宏)

○<心地良い環境>と<人との関わり合い>が、<認知症ケア>で重要です。(長尾和宏)

○<認知症>になっても、昼間に<歩くこと>が大事です。(長尾和宏)

○<寝ている間>に、<脳内のゴミ(アミロイドβ)が掃除される>。(長尾和宏)

○<歩く>と、<脳(海馬)の血流が増える>。(長尾和宏)

○<新しい出来事を忘れる>のは、<海馬の血流が低下している>からです。(長尾和宏)

○<歩く>と、<脳の神経細胞が増える>。(長尾和宏)

○<認知症の本態>は<不安>ではないかと思います、<歩く>と<不安>も和らぎます。(長尾和宏)

○<1日に5,000〜8,000歩>を<鼻歌を歌える程度のスピード>で<歩く>。(長尾和宏)

○<ながら歩き>が良い。(長尾和宏)

○<社交ダンス;フラダンス;盆踊り等>は、<認知症になるリスクを下げてくれる>。(長尾和宏)

○<健康寿命を延ばす>には、<自分で歩くしかない>。(長尾和宏)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
生き方・人生
本(永江誠司著『アドラー珠玉の教え』)              

○<劣等感>は、<主観的なもの>である。(『アドラー珠玉の教え』)

○<劣等感>を持っているからこそ、<成長するチャンス>がある。(『アドラー珠玉の教え』)

○<今の(不完全な)自分>を<受け入れ(認め)>、それを<変えようと挑戦して行く人>だけが、<本当に強い人間になれる>のだ。(『アドラー珠玉の教え』)

○<目的>は、<その人を動かす力を持っている>。(『アドラー珠玉の教え』)

○<不安>だから<外出出来ない>のではなく、<外出したくない>から<不安>を作り出しているのだ。(『アドラー珠玉の教え』)

○<勇気>は、<困難を克服する努力;リスクを引き受ける気力;他者と力を合わせる協力>の3つの力によって支えられている。(『アドラー珠玉の教え』)

○<褒める(縦の関係に立つ)>のではなく、<勇気付ける(横の関係に立つ)>のだ。(『アドラー珠玉の教え』)

○<縦の人間関係>は<自尊感情>を脅かし、<横の人間関係>は<自尊感情>を育てる。(『アドラー珠玉の教え』)

○<他人を勇気付ける>には、<自分自身が勇気ある状態にいなければならない>。(『アドラー珠玉の教え』)

○<信頼口調>で<勇気付けの言葉をかける>と、<勇気付けの効果が表れて来る>。(『アドラー珠玉の教え』)

○<アイ・メッセージ>で<勇気付ける>。(『アドラー珠玉の教え』)

○<与えよ>、そうすれば<与えられる>。(『アドラー珠玉の教え』)

○<ありのままの自分>を<受け入れ>、<不完全な自分>を<認める勇気を持つ>ことだ。(『アドラー珠玉の教え』)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:生き方・人生, 19:05
comments(0), trackbacks(0), -
勝負・トレード
評価:
日本証券新聞社
日本証券新聞社
¥ 1,852
(2004-05-12)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(『酒田五法は風林火山』)              

○<上放れタスキ線>は<買い>、<下放れタスキ>は<売り>。(『酒田五法は風林火山』)

○<上放れ陰線2本連続>は<最初は逆向かいで[買い]>、<2度目は[売り]>。(『酒田五法は風林火山』)

○<抑え込み3連続陰線(最初の陰線の終値は前日の終値より上)後の翌日に前日高値越え>で<買い>。(『酒田五法は風林火山』)

○<下値での三手大陰線(下放れから始まらずタスキをかけて下落)>は<買い>。(『酒田五法は風林火山』)

○<ツタイ線>の<打ち返し>は、<成り行き売り>。(『酒田五法は風林火山』)

○<高値>での<三手放れ寄せ線>は、<売り>。(『酒田五法は風林火山』)

○<連続下げ三手放れ3つ星>は、<買い>。(『酒田五法は風林火山』)

○<放れ五手陰線1本底>は<買い>。(『酒田五法は風林火山』)

○<上下のヒゲが長い足>が出た時は、<はらみ線>が出るのを待ち、<はらみ線の値幅から出た時>に<仕掛ける>。(『酒田五法は風林火山』)

○<下値>での<実体での抱き線(包み線)>は<底のサイン>である。(『酒田五法は風林火山』)

○<下値>での<寄り切り線(陽の寄り付き坊主>は<上値暗示の強い線>である。(『酒田五法は風林火山』)

○<下値>で<陽線4〜5本連続>なら<陽転>と見て<買い>。(『酒田五法は風林火山』)

○<高値>からの<下放れ2本陰線>で<売り>。(『酒田五法は風林火山』)

○<三羽烏>は、<1カ月以上相場が上昇した後に陰線3本のツタイ線が連続した形>で、<崩落の前兆>で<1カ月以上は下落する>。(『酒田五法は風林火山』)

○<高値>での<入り首線>は<売り>。(『酒田五法は風林火山』)

○<下値>での<抱き線>は、<底のサイン>である。(『酒田五法は風林火山』)










にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:勝負・トレード, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
仕事・経済
評価:
午堂 登紀雄
日本実業出版社
¥ 1,512
(2018-06-21)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(午堂登紀雄著『私が「ダメ上司」だった33の理由』)              

○<マネジメント能力>は、<最強のスキル>である。(午堂登紀雄)

○<部下への愛情>を持ち、<行動>で示す。(午堂登紀雄)

○<リーダー>とは、<自然に皆が付いて来る人>のことです。(午堂登紀雄)

○<部下>を<育て>、<業績>を<上げる>。(午堂登紀雄)

○<部下の成長に必要>であれば、<叱る>。(午堂登紀雄)

○<事前シミュレーション>をする。(午堂登紀雄)

○<部下の前>では、<明るい姿勢>を崩さない。(午堂登紀雄)

○<見た目>にも気を遣う。(午堂登紀雄)

○<部下の手柄>は<部下の手柄>、<部下の失敗>は<上司の責任>。(午堂登紀雄)

○<コアメッセージ>は、<何度も繰り返す>。(午堂登紀雄)

○「期待してるよ」と、<ちょっとした声掛け>をする。(午堂登紀雄)

○<部下の話>は<最後まで聞く>。(午堂登紀雄)

○部下に「ありがとう」を言う。(午堂登紀雄)

○<本音>で<部下と向き合う>。(午堂登紀雄)

○<プロセス>を<具体的に褒める>。(午堂登紀雄)

○<会議>は、「ねぎらい」で始め、「叱責」で引き締め、「鼓舞」で終える。(午堂登紀雄)

○<組織のビジョン>を持ち、<会社>と<社員>の<目指す方向>を<一致させる>。(午堂登紀雄)

○<部下のビジョン>を聞き、その将来像に合わせて<仕事を任せる>。(午堂登紀雄)

○<指示・命令>するのではなく、<質問(問い)>をする。(午堂登紀雄)

○<部下の成長>を<待つ>。(午堂登紀雄)

○<自分が理想とする人材像>を<想い描き>、<自ら体現する姿>を<見せる>。(午堂登紀雄)

○敢えて<部下に失敗させる度量>を<持つ>。(午堂登紀雄)

○<部下>に<相談する>ことで、<意思決定>に<関わらせる>。(午堂登紀雄)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:仕事・経済, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
成功・豊かさ・幸せ
評価:
浅野 美佐子
すばる舎
¥ 1,512
(2018-04-08)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(浅野美佐子著『財布の神さま』)              

○<お金持ちの財布>は、<ぴかぴか光っている>。(浅野美佐子)

○<お金持ちの財布>には、<新札(エネルギーが大きい;相手が喜ぶ;おもてなし)しか入っていない>。(浅野美佐子)

○<財布>を見ると、<その人の人生も未来もすべて分かってしまう>。(浅野美佐子)

○<未来を変えたい>なら、<財布の中身をきれいにする>ことです。(浅野美佐子)

○<自分を大事にする>と、<心が安定します>。(浅野美佐子)

○<本当に欲しいもの>だけを<買う>。(浅野美佐子)

○<お金>は、<「お金大好き」と言ってくれる人の元に寄って来る)。(浅野美佐子)

○<投資(生き金を喜んで使う)>こそ、<お金にも財布の神様にも愛され、お金を虜にする>。(浅野美佐子)

○<自己投資>は、<最高の自己愛>です。(浅野美佐子)

○<お金>は、<プラスのエネルギーを乗せて使う>ことです。(浅野美佐子)

○<ポジティブな気持ちで使ったお金>を、<生き金>と云います。(浅野美佐子)

○<ネガティブな気持ちで使ったお金>は、<死に金>です。(浅野美佐子)

○<お金がどんどん増えて戻って来る人>は、<[恩送り]をしている人>です。(浅野美佐子)

○<財布のお札>は、<新札(パワーが半端ない)>を入れることです。(浅野美佐子)

○<小さな借金>はしない。(浅野美佐子)

○<へそくり>は、<死に金>になる。(浅野美佐子)

○<財布>は<革>が一番良い。(浅野美佐子)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:成功・豊かさ・幸せ, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
生き方・人生
評価:
小林 昌平
文響社
¥ 1,674
(2018-04-27)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(小林昌平著『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』)              

○<今この瞬間のやりたいこと・やるべきこと>に<熱中せよ>。(アリストテレス)

○<快楽>は本来、<活動(エネルゲイア)>に他ならず、それ自身<目的(テロス)>なのです。(アリストテレス)

○<幸福>は、<自己に満足する人のものである>。(アリストテレス)

○<お金>という<富への執着>を捨て、<ストイックに働いた人>が<結果としてお金持ちになった>。(マックス・ウェーバー)

○出来る限り<多くの利益>を得て、出来る限り<節約する者>は、<神の恩寵を増し加えられる>。(マックス・ウエーバー)

○<困難>は、<分割せよ>。(デカルト)

○<最良の瞬間>は、<心身を限界にまで働かせ切っている時に生じる>。(チクセントミハイ)

○生み出される<幸福の量>が増大する行動こそ正しく、<苦痛の量>が増大する行動は間違っている。(ジョン・スチュアート・ミル)

○<自分の課題>と<他者の課題>を<分離せよ>。(アドラー)

○<赦し>は、<赦す者>と<赦される者>を<自由にする>。(ハンナ・アーレント)

○<生活すべて>が<禅>である。(道元)

○<人間>は、<損失の苦しみ>をより気にしてしまう。(ダニエル・カーネマン)

○<孤独を愛する人>は、<金鉱を手に入れたようなものだ>。(ショーペンハウアー)

○<死>を<自分事>と捉えた時、<人>は<自分の本来的な生に目覚める>。(マルティン・ハイデガー)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村






author:心野琴線, category:生き方・人生, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
仕事・経済
評価:
?浜口隆則
かんき出版
¥ 2,160
(2011-09-05)
コメント:なるほど思う言葉がある。

本(三條慶八著『社長の仕事』)              

○<会社をつぶさない社長>は、<どんなことがあっても生き残る>と<腹を決めている(覚悟を持っている)>。(三條慶八)

○<人生>には、<何一つ無駄は無い>。(諺)

○<成功する会社>は、<成功するようにやっている>からだ。(松下幸之助)

○<1年365日、1日24時間>、<ずっと経営のことを考えている>。(三條慶八)

○<何か一つ、これなら一番>というものを持つ。(三條慶八)

○<理念>を元に<起業>し、その<理念>を忘れない。(三條慶八)

○<理念>を、社内外に深く広く浸透させて行く。(三條慶八)

○<社員>や<取引先>と、<夢を共有する>。(三條慶八)

○<現実>を<しっかり見る>。(三條慶八)

○<社長にしか出来ない仕事>を<社長>はすることです。(三條慶八)

○ブレずに、迷わないことです。(三條慶八)

○<地域密着の経営>をする。(三條慶八)

○<他人の言葉>に<素直に耳を傾ける>。(三條慶八)

○<成功体験>に<しがみつかない>ことです。(三條慶八)

○<即断即決即実行>する。(三條慶八)

○社員を褒めて<やる気にさせる>。(三條慶八)

○<変化>を<見逃さない>。(三條慶八)

○<クレーム>は、<経営資源>である。(三條慶八)

○<リスク分散>を心掛ける。(三條慶八)

○<営業力>以上に<経営力>が大事である。(三條慶八)

○<キャッシュフロー>を<健全に保つ>。(三條慶八)

○<取引先>と<ウインウインの関係作り>をする。(三條慶八)

○<切り捨てる勇気>を<持つ>。(三條慶八)

○<個人資金>は、<会社の経営>に<注ぎ込まない>。(三條慶八)

○<資金に余裕があっても>、<借入金融機関>を<持つ>。(三條慶八)

○<身の丈に合った金融機関>と<取引する>。(三條慶八)

○<3行以上の金融機関>と<借入取引する>。(三條慶八)

○<銀行>に<振り回されない>。(三條慶八)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:仕事・経済, 18:47
comments(0), trackbacks(0), -