生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
人間学
評価:
原田 種成
明治書院
¥ 9,072
(1978-05-01)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(『貞観政要 上』)    

○<人がその身を破滅する>のは、すべて<その人自身の欲望の為に破滅の道の禍いを招くのである>。(『貞観政要』)

○<政務>は広く<賢良>に<任せ>て、<天子>は宮殿の中にじっとしていて<賢良達のやること>を<見守る>ことである。(『貞観政要』)

○【<君臣>が互いに<疑い合い、十分に心の中に思っていることを打ち明けられない>】ならば、【本当にそれが<国家を治める上の大害>なのである】。(『貞観政要』)

○<天子>が<立派な道徳>を持っていれば<人民>は<推し戴いて君主とする>が、<無道>であれば<人民>は<その地位を奪って捨てて用いない>。(『貞観政要』)

○<大事>というものは、皆<小事>から起こるものである。(『貞観政要』)

○<国を治めること>は<樹木を植える>のと同じである、<根元>が動かなければ<枝葉>が繁茂する、同様に<君主>が<無欲で清静>であれば<人民達>はどうして<安楽>とならないことが出来ようか。(『貞観政要』)

○<安らかな時>に、<危うい時のこと>を忘れずに怖れて<要心>しなければなあない。(『貞観政要』)

○<邪佞の臣>も<忠直の臣>も、その時の<君主の好むところ>によって集まるものである。(『貞観政要』)

○<官>というものは<天の仕事>を<人>が代わって行うものでありますから、<才能の無い者>にやたらに<官位>を加えてはなりません、<皇室の外戚>や<国家に大功労のあった人>については、ただその<礼儀・秩禄>を優遇すべきであります。(『貞観政要』)

○<安危>は、<君>自身の<徳>によって変わるものであります。(『貞観政要』)

○<善からぬ子孫>を重用して<現存の人民>を毒害するよりは、むしろすでに死んでいる功臣に対する<恩愛>を絶った方がよろしいことは明らかであります。(『貞観政要』)

○<太宗>は、<子弟>と<功臣>に<刺史>を<世襲させる>ことを<取り止めた>。(『貞観政要』)

○<私心>を打ち払い、<精神>を励まして、<諫め>を<聞き入れている>のである。(『貞観政要』)

○<興る>のは必ず<善事を積み重ねたから>であり、<滅びる>のは皆<悪事を積み重ねたから>であります。(『貞観政要』)

○<吉凶>はすべて、<自分に原因>があり、<自分自身で招くところによる>。(『貞観政要』)

○川の流れの<清濁>の原因は、<水源>にあるのだ。(『貞観政要』)

○自分の心は<秤>のように<公平無私>である、だから他人の為に<軽くしたり重くしたりは出来ない>。(『貞観政要』)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:人間学, 08:31
comments(0), trackbacks(0), -
人間学
評価:
安岡正篤
致知出版社
¥ 1,944
(2017-05-30)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(安岡正篤著『いかに人物を練るか』)    

○<大事>は要するに、<自他の自覚精進>に待つ他はない。(安岡正篤)

○<国家社会の改造>とは、ようするに<各人が学んで以てその位に立つこと>と言い得る。(安岡正篤)

○<福>と見れば<禍>の伏すところ、<禍>と思えば<福>の依るところ、命極むべからざるが<人生>である。(安岡正篤)

○<自ら学ぼうとしない者>に、<真理を悟らすことは出来ない>。(安岡正篤)

○<英雄>に非ずんば、<英雄>を知ることも出来ない。(安岡正篤)

○<法>は<自性を徹見する>にある、<自性を徹見する>とは<意馬心猿の小我を滅却し、山高く水長く<生きる>ことである。(安岡正篤)

○<隠るる>より<顕るる>はなし。(安岡正篤)

○<もろもろの欲求が全体的に統一される>のが、即ち<克己>である。(安岡正篤)

○<情欲>が<自然>なるが如くに、<克己>もまた極めて<自然>である。(安岡正篤)

○<己>が高まると、<克己>がいわゆる<克己>ではなく<自在三昧>となる。(安岡正篤)

○<禅者>は、<万物を以て一体となし、一草一木にも大自然の心を観る>。(安岡正篤)

○<名教>の中自ずから<楽地>あり。(安岡正篤)

○<人生の大事を了する>のが<宗教>である。(安岡正篤)

○<禅心>・<士魂>共に、要は<自心に参する>に在る。(安岡正篤)

○<構えるという心>は、<先手を持つ心>である。(安岡正篤)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:人間学, 08:55
comments(0), trackbacks(0), -
引き寄せの法則
評価:
竹田 和平,吉川 万由里
ビジネス社
---
(2005-02)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(竹田和平著『1日5分で運が良くなる』)    

○<楽しくない仕事>は、<絶対に成功出来ない>。(竹田和平)

○意識的に<自然>に接して、<感動する心>を忘れないようにする。(竹田和平)

○いつも<笑顔>で<肯定する>。(竹田和平)

○<褒める>ことで、<相手>も<自分>も<成長出来る>。(竹田和平)

○<断言しない経営者>は、<成功出来ない>。(竹田和平)

○<断言>して、<良い未来>を<引き寄せる>。(竹田和平)

○<仕事の本質>とは、<与えること>です。(竹田和平)

○<使命>から生まれた<ビジネス>は、<必然的に成功する>。(竹田和平)

○<お金>は、<理念やアイデア>に<引き寄せられる>。(竹田和平)

○<貯金出来る人>は、<事業も出来る>。(竹田和平)

○<一所懸命に取り組む>と、<好きになる>。(竹田和平)

○上がったら良し、下がっても良くの株価かな。(竹田和平)

○<リスク>の裏側には<チャンス>がある。(竹田和平)

○<未曾有の危機>は、<100年に一度のチャンス>です。(竹田和平)

○<成功>を目指すなら、「ありがとう」を習慣にしてしまうのが<一番の近道>です。(竹田和平)

○「ありがとう」は、<他人を動かす力がある>。(竹田和平)

○<投資>は、<楽しむ心>で行うことです。(竹田和平)

○<トイレ掃除をする>、<定額貯金する癖を付ける>、<頭で考えずに、心で決める>。(竹田和平)

○「ありがとう」を言われる人になる。(竹田和平)

○<自我(エゴ)>が無ければ無いほど、<運>が良くなる。(竹田和平)

○【<良いニュース>が<周りにある>】のは、【<次はあなたの番ですよ>という<シグナル>】なのだ。(竹田和平)

○<ワクワクする>方を<選ぶ>。(竹田和平)

○<一番大切なこと>は、<自分自身を大切にすること>です。(竹田和平)

○<足を踏まれても>、<ツイてる>と思うことだ。(竹田和平)

○<機嫌が悪い人>からは<離れる>ことです。(竹田和平)

○<自分に起こった出来事>には、<すべて意味がある>。(竹田和平)

○<相手>を<責める>のを<止める>ことです。(竹田和平)

○「ありがとう」「ありがとう」と言っていると、<とても高いところから物事を見ることが出来るようになる>。(竹田和平)

○<自我(エゴ)>を捨てない限り、<幸せ>にはなれない。(竹田和平)

○<ワクワクしている状態>は、<天(大いなるもの)からの[メッセージ]を[キャッチしている]ということなのだ>。(竹田和平)

○<夢を叶える人>は、<いつもワクワクしている>。(竹田和平)

○<迷った時>は、<好き>より<楽しい>を選ぶ。(竹田和平)

○<大事なもの>に<生きたお金を使う>ことです。(竹田和平)

○「あなたと取引したい」と言われる<仕事をする>ことです。(竹田和平)

○<ワクワクした気持ちで仕事をする>と、<結果を出せる>。(竹田和平)

○<愛>は、<見返りを求めない>。(竹田和平)

○<パートナー>は、<心で決める>。(竹田和平)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:引き寄せの法則, 08:40
comments(0), trackbacks(0), -
引き寄せの法則
評価:
MACO
大和書房
¥ 1,404
(2015-11-19)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(MACO著『ネガティブがあっても引き寄せは叶う!』)   2 

○<自分に合ったやり方を見つける>と、<引き寄せは<加速する>。(MACO)

○<引き寄せ>とは、<自分の内側から出す(創り出す)>ことです。(MACO)

○<決める>とは、「私は〜になる」と脳内でただ宣言するだけです。(MACO)

○<決めた>ら、<その願い>は<一旦放って置く>ことです、そうすれば<自動操縦で叶うようになっています>。(MACO)

○<ゴール>は、【<現状>を<見ないで設定する>ことです】。(MACO)

○<物事>には、すべて<陰陽;表裏;明暗>があります。(MACO)

○<ネガティブ感情>があることで、<自分が本当に何を望んでいるのか、何を望んでいないのか>が分かります。(MACO)

○<ネガティブ感情>が出て来た時は、<思考習慣>を<変えるチャンス>です。(MACO)

○【<願い>を<心から決意する>】と、【必ず<何か行動をしたくなります>】。(MACO)

○<小さな選択>こそ、<一番欲しいもの>を<選ぶ>ことです。(MACO)

○<欲しいもの>を「欲しい!」とはっきり宣言し、それを得るまで<妥協しない>ことが大切です。(MACO)

○<自分を褒める>と、<引き寄せ力>が<高まる>。(MACO)

○<リラックスする>と、<本来の自分(大いなるもの)>に<繋がりやすくなります>。(MACO)

○<毎日を楽しんで過ごすこと>が大切です。(MACO)

○<与えたもの>が<受け取るもの>です。(MACO)

○<何が起きても最後は上手く行く!>と決めてしまうことです。(MACO)

○<願いを叶える人>とは、<願いが叶うまで諦めない人>です。(MACO)

○<自分にとってベストな時に手に入れる!>とだけ決めて置くことが大切です。(MACO)

○<自分を愛する>とは、<今のままで自分はオッケー!と認めること>なのです。(MACO)

○自分の<好き>を<一番(基準)にして<生きる>ことです。(MACO)

○<見たい方を見て生きる>ことです。(MACO)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:引き寄せの法則, 03:56
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
評価:
佐藤雅彦
大月書店
¥ 1,296
(2016-05-20)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(佐藤雅彦著『認知症の私からあなたへ』)    

○<出来なくなったこと>を<嘆く>のではなく、<出来ること>に<目を向ける>ことです。(佐藤雅彦)

○<認知症>になっても、<新しく覚えられることがある>。(佐藤雅彦)

○<記憶>は消えても、<記録>は残る。(佐藤雅彦)

○【<今の苦難>は<永遠に続くのではない>】と<信じる>ことです。(佐藤雅彦)

○<認知症>になると、<記憶障害;意欲の低下;疲れやすい;判断力の鈍り;気力の低下>等が起こりますが、<焦ることなく、十分に休息を取って、また新たな気持ちで何度でも再出発しましょう>。(佐藤雅彦)

○<認知症>が進んでも<自己が崩壊することはない>。(佐藤雅彦)

○<認知症>になると、<不便>だけれど<不幸>ではない。(佐藤雅彦)

○<認知症>になっても、<適切な支援>があれば<心豊かな暮らしが可能です>。(佐藤雅彦)

○<出来ること>ではなく、【自分に正直に<したいこと>を我慢しないですれば良い】。(佐藤雅彦)

○<認知症>の<症状や進行>は<人それぞれ>であり、<日によっても状態が異なります>。(佐藤雅彦)

○「一緒に〜しましょう」と言ってもらうことが、私は嬉しいです。(佐藤雅彦)

○<自分は、他人と何が出来るか>を<考える>ことです。 (佐藤雅彦)

○<認知症の人>を<社会のお荷物>として扱うのではなく、<コミュニティの一員>として<認めて欲しい>。(佐藤雅彦)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 08:07
comments(0), trackbacks(0), -
教育・脳
評価:
デイビッド セイン
光文社
¥ 799
(2016-11-09)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(ディビッド・セイン著『ネイティブはたった100語で話している』)    

○It’s on me.(僕がおごるよ)(ディビッド・セイン)

○What’s going on?(調子はどうだい?)(ディビッド・セイン)

○Not at all.(どういたしまして)(ディビッド・セイン)

○I’m with you.(あなたの言うことは分かるわ)(ディビッド・セイン)

○This ant that.(まあ、色々とね)(ディビッド・セイン)

○You have it.(君にはカリスマ性がある)(ディビッド・セイン)

○About when?(いつ頃来るの?)(ディビッド・セイン)

○Will do.(はい、ただいまやります)(ディビッド・セイン)

○That’s a good one.(騙されないぞ)(ディビッド・セイン)

○It’s iffy.(分からないなあ)(ディビッド・セイン)

○Up in the air.(神のみぞ知る)(ディビッド・セイン)

○Not again.(もういい加減にしてよ)(ディビッド・セイン)

○We made good time.(良い調子で進んだね)(ディビッド・セイン)

○Anyone can do it.(誰にだって出来るよ)(ディビッド・セイン)

○How so?(何でそうなるの?)(ディビッド・セイン)

○Going back hom.(田舎に帰る)(ディビッド・セイン)

○You may be right.(君は正しいと思うよ)(ディビッド・セイン)

○Will this do?(これで間に合いますか?)(ディビッド・セイン)

○It goes like this.(こ〜んな感じ)(ディビッド・セイン)

○Been there ,done there.(同じ経験をしたので、お気持ちはよく分かります)(ディビッド・セイン)

○Who’s there?(そこにいるのは誰だ?)(ディビッド・セイン)

○Don’t you see?(分からないの?)(ディビッド・セイン)

○Just give your best.(ただ全力を尽くせ)(ディビッド・セイン)

○How was the movie?(あの映画はどうでした?)(ディビッド・セイン)

○What now?(今度な何なの?)(ディビッド・セイン)

○Go ahead ,make my day!(面白いじゃないか、やれるもんならやってみな!)(ディビッド・セイン)

○Would you give me some help?(少々、力を借りても良いですか?)(ディビッド・セイン)

○Well done.(ようやった!)(ディビッド・セイン)

○That will be the day.(そんなことはありえないよ!)(ディビッド・セイン)

○I wouldn’t.(私だったらそんなことはしないな)(ディビッド・セイン)

○I’m doing my best.(努力しているんだってば!)(ディビッド・セイン)

○Where at?(それはどこ?)(ディビッド・セイン)

○I needed that.(お気遣い、うれしいです)(ディビッド・セイン)

○I got to go.(トイレ行かなきゃ!)(ディビッド・セイン)

○Be good.(行ってらっしゃい)(ディビッド・セイン)

○That’s way better.(そっちの方がずっと良いよ)(ディビッド・セイン)

○Don’t take it big.(大げさだなあ)(ディビッド・セイン)

○You know what?(あのね〜)(ディビッド・セイン)

○You shouldn’t say that.(そんなことは言いなさんな)(ディビッド・セイン)

○All right for you!(もう君とは絶交だ!)(ディビッド・セイン)

○I don’t want to do that.(そんなことはしたくない)(ディビッド・セイン)

○Come gain?(何だって?)(ディビッド・セイン)

○He told me off.(彼に怒られちゃった)(ディビッド・セイン)

○You are too much.(君は全く手に負えないね)(ディビッド・セイン)

○Look here.(よく考えてみなさい)(ディビッド・セイン)

○Give it up!(あなたと付き合うなんてまっぴらよ)(ディビッド・セイン)

○You’d had better go.(帰らないとぶん殴るぞ!)(ディビッド・セイン)

○Let it be.(触るな!)(ディビッド・セイン)

○Never say never!(それは分からないよ!)(ディビッド・セイン)

○You can keep it.(こんなもの要らない、欲しければどうぞ)(ディビッド・セイン)

○I really don’t know.(よく考えても全く分からないよ)(ディビッド・セイン)

○Say what?(何だって?)(ディビッド・セイン)

○Well put!(上手い!)(ディビッド・セイン)

○Sure thing!(いいとも!)(ディビッド・セイン)

○I’m easy.(あなたの都合に合わせるよ)(ディビッド・セイン)

○I have no feeling.(感覚が無い)(ディビッド・セイン)

○I have no feelings.(誰も愛さない)(ディビッド・セイン)

○I don’t care for fish.(魚はちょっと苦手)(ディビッド・セイン)

○That’s something.(それは凄いな!)(ディビッド・セイン)

○She has a hard head.(彼女は頑固だ)(ディビッド・セイン)

○I’m telling you.(本当なんです)(ディビッド・セイン)

○You don’t know anything.(何も分からないくせに!)(ディビッド・セイン)

○Might is right.(勝てば官軍)(ディビッド・セイン)

○I tried my best.(頑張ったけど駄目だった)(ディビッド・セイン)

○Don’t ask.(酷いもんだよ!)(ディビッド・セイン)

○I’ve had enough.(もううんざりだよ!)(ディビッド・セイン)

○That’s interesting.(へえ、そうなんだ)(ディビッド・セイン)

○That looks interesting.(面白そうだね)(ディビッド・セイン)

○Would you mind?(ちょっと止めてくれない?)(ディビッド・セイン)

○I hope so.(無理でしょ)(ディビッド・セイン)

○Believe it or not.(驚いたことに)(ディビッド・セイン)

○That idea is sound.(良い考えだね)(ディビッド・セイン)

○How can I ever thank you?(何と感謝したらよいか)(ディビッド・セイン)

○You have a fine skin.(君って餅肌だね)(ディビッド・セイン)

○He’s all talk.(彼って口ばっかりね)(ディビッド・セイン)

○You wish.(無理だね)(ディビッド・セイン)

○I have no idea.(全然知らなかった)(ディビッド・セイン)

○My hearing isn’t very good.(私は耳が遠いんです)(ディビッド・セイン)

○You are mean!(酷い人だね)(ディビッド・セイン)

○Do you mean it?(それって本気?)(ディビッド・セイン)

○I mean it.(もちろん本気さ)(ディビッド・セイン)

○I’m broke.(お金を持っていないよ)(ディビッド・セイン)

○What’s wrong?(大丈夫?)(ディビッド・セイン)

○This can wait.(後回しでも構わないです)(ディビッド・セイン)

○I happen to know him.(たまたま彼とは知り合いなんだ)(ディビッド・セイン)

○Sorry I asked.(聞くんじゃなかった)(ディビッド・セイン)

○Don’t worry about me.(私なら大丈夫です)(ディビッド・セイン)

○It was okay.(まあまあ)(ディビッド・セイン)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:教育・脳, 09:10
comments(0), trackbacks(0), -
成功・豊かさ・幸せ
評価:
さとう みつろう
主婦と生活社
¥ 1,500
(2016-12-02)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(さとうみつろう著『金持ち指令』)    

○<口癖>は、<想像>よりも速く<世界を変える>。(さとうみつろう)

○<金持ち>は、<やる>ものなんだ。(さとうみつろう)

○<入れる>ことよりも先に<出す>ことをすると、自然に<お金の流れ>は<起こる>。(さとうみつろう)

○<すぐに手放せるもの>は、<すぐに手に入れられるもの>と信じているものだ。(さとうみつろう)

○【簡単に<出す>】時は、【簡単にまた<入る>と<信じている>】時なのです。(さとうみつろう)

○<脳(小さな振動)>で<金持ちになりたい>と<100回想う>よりも、声(大きな振動)に出して「私は金持ちだ」と<1回音波を出す>方が効く。(さとうみつろう)

○「あぁ、金持ちで良かったなぁ〜」を<口癖>にする。(さとうみつろう)

○<人>は、<不安>だから<何かを買う>。(さとうみつろう)

○<喜び>ながら<お金>は<使う>ことだ。(さとうみつろう)

○<贅沢>とは、<もったいないことをやる勇気>のことだ。(さとうみつろう)

○<お金がもっと欲しいと思っている人>を<貧乏>と云い、<お金はもう十分足りていると思っている人>を<お金持ち>と云う。(さとうみつろう)

○【<全宇宙(大いなるもの)>は<無>という<空間>を絶対に許さない】から、【<お金の無い場所>には<周囲から全力で流れ込んで来る>】、【先に<出す>とそこに<周囲から新しいエネルギーがバンバン流入して来る】。(さとうみつろう)

○【<年の瀬>に<パーッとお金を使った>】のは、【手元から<不安>のエネルギーを無くすためだった】。(さとうみつろう)

○<不満>が起こるのは、<自分自身>が<満足していないから>である。(さとうみつろう)

○<自分の贅沢>を<最優先にする>。(さとうみつろう)

○<大切な拘り>を<捨てる>。(さとうみつろう)

○<お金持ち>は、<お金持ちになろう>とはしない、<足るを知る>ことだ。(さとうみつろう)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:成功・豊かさ・幸せ, 09:04
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
評価:
---
あさ出版
---
(2016-08-02)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(樺沢紫苑著『頑張らなければ、病気は治る』)    

○<自分と向き合い、[病気を受け入れる]>だけで、<自然治癒力>のブレーキが解除され、驚くほどの勢いで<病気>が治って行く。(樺沢紫苑)

○<頑張らない>と、<病気は治る>。(樺沢紫苑)

○<病気(警告)>は、<自分の味方>です。(樺沢紫苑)

○<闘病>は、<病気を悪化させる>。(樺沢紫苑)

○<不眠>は、<万病の元>です。(樺沢紫苑)

○<[不安]を[取り除く]>と、<[病気]は[治る]>。(樺沢紫苑)

○【<信頼関係>を<構築する>】には、【最低<3回>は<会う>ことが必要です】。(樺沢紫苑)

○ほとんどの<不安>は、<取り越し苦労>です。(樺沢紫苑)

○<孤独>は、<病気を悪化させる>。(樺沢紫苑)

○<悪口を言い続ける人>は、<病気が治らない>。(樺沢紫苑)

○<他人の悪口>は<自分に向かう>、<悪口を言う>と<認知症になる>。(樺沢紫苑)

○<受け入れる>だけで、<病気は治る>。(樺沢紫苑)

○<病気>は、<一直線には治らない>。(樺沢紫苑)

○<看病・介護>は、<7割の力でやれば良い>。(樺沢紫苑)

○<感謝>で、<病気は治る>。(樺沢紫苑)

○<ボランティア活動をする人>は、<元気で長生きする>。(樺沢紫苑)

○<他者貢献>が、<健康の秘訣>です。(樺沢紫苑)

○<感謝(脳内物質のエンドルフィン)>は、<痛み>を減らし<健康>にする。(樺沢紫苑)

○<愛と親切のホルモン>は、<オキシトシン>です。(樺沢紫苑)

○<家族の愛情(オキシトシン)>が、<病気の特効薬>です。(樺沢紫苑)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 04:16
comments(0), trackbacks(0), -
引き寄せの法則
評価:
奥平 亜美衣
永岡書店
¥ 1,296
(2015-08-17)
コメント:なる程と思う言葉がある。

本(奥平亜美衣著『人生は思い通り「引き寄せ」の法則』)    

○<引き寄せの法則>とは、常に【<今の自分>と<同調するもの>を<引き寄せる>】と言う法則です。(奥平亜美衣)

○自分の今の<思考や気分>に<注意>を向けることです。(奥平亜美衣)

○<本心から[良いな]と思えること探しをする>と、<現実にも良いことが増えて来る>。(奥平亜美衣)

○本当の<引き寄せの法則>は、<小さな小さな良いこと探しの積み重ね>です。(奥平亜美衣)

○<今を幸せに感じる>ことが、<大きな 幸せを掴む>ために忘れてはいけないことです。(奥平亜美衣)

○<宇宙(大いなるもの)の本来の姿>は、<愛と幸せ>です。(奥平亜美衣)

○<引き寄せ>の本質とは、自分が出来るだけ<良い気分>でいられるようにして置くことです。(奥平亜美衣)

○<婚活よりも、今ある幸せを感じる>、<自分が自分に幸せを感じて、その幸せと喜びを相手と分かち合うことを心掛ける>と、<必ず上手く行きます>。(奥平亜美衣)

○<[夢や望み]が叶っても叶わなくてもどっちでも良くなるくらいに[現実を楽しみ始める]>と、<[夢や望み]は[自然の流れで叶うようになって行きます]>。(奥平亜美衣)

○<起こっていること>はすべて、<最善です>。(奥平亜美衣)

○<現実>がどうであれ、<本当に自分が望む方(良い気分になる方)>へ<意識を向ける>ようにすることです。(奥平亜美衣)

○<今自分が持っているもの>の中に、<豊かさ>を<感じて行く>ことです。(奥平亜美衣)

○<豊かさ>に対する<感謝や喜び>と<自分が引き寄せる物質的な豊かさ>は、<比例します>。(奥平亜美衣)

○<問題の解決策を考える>よりも、<良い気分を選択する>ことです。(奥平亜美衣)

○<自分に手に負えない問題>は、<天(大いなるもの)に委ねる>ことです。(奥平亜美衣)

○<無理して努力する>よりも、<良い気分>を<長続きさせる>ことです。(奥平亜美衣)

○<自分が今幸せを感じる>と、<本当に幸せになってしまいます>。(奥平亜美衣)

○<他人の成功が目に付く時>は、<自分の成功が近付いているサイン>です。(奥平亜美衣)

○<犯罪>は<不足感から来る行動>です、<望み>ではなく<欲望>です。(奥平亜美衣)

○<上手く行く時>は、<必ず仕事も結婚も同時に上手く行く>のです。(奥平亜美衣)

○<思い通りにしようとしなくなればなるほど(コントロールを手放すほど)>、<思い通りになります>。(奥平亜美衣)

○<一見悪いこと>が起こっても、それは結局<幸せの流れ>に繋がっているのです。(奥平亜美衣)

○<引き寄せの達人>になって来ると、<自分は何もしなくても自動的に人間関係も起こる出来事も何もかもが自分に微笑みかけて来るようになって来ます>、<やりたいことしかやっていないのに、増々上手く行っているという状況になります>。(奥平亜美衣)

○<良い気分>を保ちたいなら、<望まない(悪い)ニュースは見ない>ようにすることです。(奥平亜美衣)

○<テレビ>は、<選択して見るようにする>ことです。(奥平亜美衣)

○<引き寄せる起点>は、常に<今>です。(奥平亜美衣)

○<幸せになりたい>なら、<今、幸せだな〜>と感じれば良いだけです。(奥平亜美衣)

○<幸せ>は<気付くもの>です。(奥平亜美衣)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:引き寄せの法則, 08:21
comments(0), trackbacks(0), -
引き寄せの法則
評価:
エスター・ヒックス,Esther Hicks,ジェリー・ヒックス,Jerry Hicks
SBクリエイティブ
¥ 1,110
(2008-10-25)
コメント:なる程と思う言葉が満載です。

本(エスター・ヒックス著『いつでも引き寄せの法則』)    

○<見えない世界の言語>は、<波動の言語>です。(エイブラハム)

○<本当の知識>は<人生経験>によってもたらされる、<人生>とは<真の自分の絶え間ない表現>である。(エイブラハム)

○<自分がどんな人生を生きるか>は、<究極的には自分だけに掛かっている>。(エイブラハム)

○<自分の思考の方向を意識的に選ぶ>ことによって、<ソース(大いなるもの;神;喜び)>と<絶えず繋がっていられる>。(エイブラハム)

○<私達>は、<とても大きな喜びを味わうためにここに居るのだ>。(エイブラハム)

○<自分の望むものを未だに得られない唯一の理由>は、【<望んでいるものの波動>に<同調しない波動>にしがみついているからだ】。(エイブラハム)

○自分の思考を意識的に自覚しそれらを意図的に提示している時、私達は<自分自身の現実の意図的な創造者>である。(エイブラハム)

○【<焦り・疑い・不信感>を持たない】のが、【最高の<意図的な創造の方法論>である】。(エイブラハム)

○<万物の基盤である[ソースエネルギー(大いなるもの)]を自覚的に感じ始める>と、<自分自身の経験や周囲の人々の経験のすべてを曇りなく理解出来るようになる>。(エイブラハム)

○【<自分の感情(波動の解釈装置)の信号>に<注意を払う>】ことにより、<人生のすべてを理解することが出来る>。(エイブラハム)

○<引き寄せの法則>とは、<それ自身に似たものを引き寄せる>という法則である。(エイブラハム)

○<心配>とは、【<想像力>を使って<自分が欲していないもの>を<生み出すこと>だ】。(エイブラハム)

○<思考>を通して招き寄せない限り、何事も自分の人生には起こらない。(エイブラハム)

○<自分の望むものを受け取る>ためには、<自分の願望の波動と自分の信念の波動が一致しなければならない>。(エイブラハム)

○抵抗しながら受け取ることは出来ない、同調しなければ受け取ることは出来ない。(エイブラハム)

○<現在の自分自身>を、<強力な幸せの流れの受益者>と見做しなさい、<強力な流れの恩恵に浴している>と想像するのだ。(エイブラハム)

○<自分が放射する信号(波動)>に反応して、<現在や未来の環境>は<即変わり始める>。(エイブラハム)

○【<明確なビジョン(願望実現時の状況・気分)>持った人】は、<いつでも栄える>。(エイブラハム)

○<強力な信念>は、<自分の経験の中で常に表現されている>。(エイブラハム)

○<自分の感情を自覚する>と、<自分がどんな波動を出しているか>も分かる。(エイブラハム)

○【<ソースエネルギー(大いなるもの)>が自分に流れ込むのを完全に<許容・可能>にする】と<成功する>し、<許容・可能>にしなければ<成功しない>。(エイブラハム)

○<自分がどのように感じているか>によって、<自分が向かっているところを正確に推し量ることが出来る>。(エイブラハム)

○【<自分が望んでいないこと(願望の欠落)>に<意識を向けている限り>】、【<求めるもの>は<やって来ない>】。(エイブラハム)

○【<自分がどう感じているか>を<意識するようになる>】ほど、【<ソースエネルギー(大いなるもの)>を<意のままに操れるようになり、熟練した楽しい意図的創造者になる>】。(エイブラハム)

○<願望の欠落(望まないこと)>に<焦点を当てている(反対している;抵抗している)>と、<酷い気分になる>。(エイブラハム)

○<ネガティブな感情>は、<現在の思考の選択>が<ソースエネルギー(大いなるもの)>と<調和していない>ことを示している。(エイブラハム)

○<自分の思考>は、いかなる場合でも<自分の引き寄せの作用点に相当する波動を自分の中に生み出す>。(エイブラハム)

○<自分がどう感じているか>に<注意>を払い、あらゆることについて<考えると楽しくなる思考>を<意図的に選べば良い>。(エイブラハム)

○【<自分が望んでいること>とは<別のこと>を<経験している>】ならば、それは【<望んでいること以外のこと(願望の欠落)>に<注意>の大半を向けているからに他ならない】。(エイブラハム)

○意味のある<コントラスト(対比)>は、際限なく<新しい願望>を生み出し続ける。(エイブラハム)

○【<自分のエネルギーの流れ(大いなるもの)と<調和して生きている>】と、<必ず勝利する>。(エイブラハム)

○<求めているものを受け取れない>のは、<自分自身の要求しているものの波動>と<自分が発している波動>が<調和していない>からだ。(エイブラハム)

○【自分が<ソースエネルギー(大いなるもの)>と繋がった状態で<他人>や<物>に<注意>を向ける】と、【対象になった<他人>や<物>は必ず何らかの<恩恵>を受ける】。(エイブラハム)

○<注意を向ける>ということは、それを<自分の波動の中に取り込む>ことになる。(エイブラハム)

○<新たな展開が欲しい>なら、<考え方>を<変えなければならない>。(エイブラハム)

○【<自分が欲しいもの>を<手に入れられない>】のは、【<自分の思考習慣の波動>が<自分の願望の波動>と異なっているからだ】。(エイブラハム)

○<今の現実>が<自分の生み出したい現実>ではないなら、<今の現実>に<直面してはならない>。(エイブラハム)

○<全宇宙>は<次の新しい願望をひらめかせるために存在する>、この宇宙では<次々に願望を抱き続けること>ほど自然なことはない。(エイブラハム)

○<成功を決める基準>は、<自分が感じる[喜びの量]である>。(エイブラハム)

○【<感謝>と<自己愛>】は、【<ソースエネルギー(大いなるもの)>に最も近い波動を持っている】。(エイブラハム)

○【<本当の自分(大いなるもの)>に合わない思考をする】と、<気分が良くない>。(エイブラハム)

○【<不安>や<憎悪>】は、【<本来の自分(大いなるもの)との繋がりを失うことから生じる】。(エイブラハム)

○<今アクセス出来る[最高の感情]を求めるようにすることだ。(エイブラハム)

○<気分良く感じれば感じるほど>、<本当の自分(大いなるもの)と調和している証拠である>。(エイブラハム)

○<感謝の波動>は、<物質的な自分>と<見えない自分(大いなるもの)>とを繋ぐ役割を果たす。(エイブラハム)

○<感謝の波動>を出していると、【<自分の望むもの>が<簡単に人生へと流れ込んでくる波動の状態に入る>】。(エイブラハム)

○<感謝する物事を探すことに専念するようになる>と、<日々そのような物事に満ちていることに気付くようになる>。(エイブラハム)

○ほとんどの時間を<感謝の状態でいる>と、【<良いこと>が<どんどん自分に流れ込んで来る】。(エイブラハム)

○<愛>と<感謝>は、<同じ波動>を持っている。(エイブラハム)

○<見えない世界のエネルギーと繋がる最も簡単で素早い方法>は、<感謝する>ことです。(エイブラハム)

○<誰かが自分に反旗を翻しても[防衛的]にならなければ何の問題も無い>、<感謝する>ことに<集中する>なら<感謝>が<戻って来る>、<防衛的>でありながら同時に<感謝する>ことは出来ない。(エイブラハム)

○【今現在<自分のエネルギー(波動)>をどのような形に仕立て上げているか】が、<人生>なのだ。(エイブラハム)

○<自分の引き寄せの作用点>は、<自分の思考>にあるのだ。(エイブラハム)

○<心の中>で<楽しいシーンを視覚化する訓練を積む>と、<それらの気分の良い波動>が<自分の新しい現在地点になる>。(エイブラハム)

○<自分を気分良くする[イメージ]を生み出す>ことほど、<素敵なことはない>。(エイブラハム)

○<抵抗を引き起こす一切の考えを手放す>と、<純粋な前向きの思考の場所に入り込む>。(エイブラハム)

○<瞑想>は、【<ほんの少しの間、何も起こそうとしないこと>を<許容・可能>にする状態】である。(エイブラハム)

○<瞑想>は、<ソースエネルギー(大いなるもの)>が<自分の中を流れるのを許すことである>。(エイブラハム)

○<瞑想の恩恵>は、<ずっと望んでいたこと>が<人生経験の中に現れ始める>ことである。(エイブラハム)

○<自分が望んでいること(あらゆるものの肯定的な側面)>に<焦点>を当てると、<肯定的な引き寄せのモード>に入る。(エイブラハム)

○何かの<現実>にではなく、<望んでいるもの>の<波動>に<注意>を向けるのだ。(エイブラハム)

○<気分が良い>ならそれに全面的な<注意>を向け、そうでなければそれを<全く見ない>ことだ。(エイブラハム)

○「自分の理想の結婚相手と結婚したら、素敵じゃない?」と言う。(エイブラハム)

○「自分の理想の結婚相手と結婚出来たら、素敵じゃない?」と言いながら、宇宙(大いなるもの)がそれに協力してくれると信じると、必ずそうなる。(エイブラハム)

○【<望んでいないもの>に<取り囲まれている>】と<新しい引き寄せの速度が鈍くなる>、【<今の自分に必要の無いもの>は<すべて捨てる(手放す)>】ことです。(エイブラハム)

○<ネガティブな感情>は、【<自分の中の偉大な知恵(大いなるもの)>と<調和していない>ことを示す<指標>である】。(エイブラハム)

○<引き寄せの法則>は、<言葉>ではなく<放出される波動>に反応する。(エイブラハム)

○<願望>が<未だ実際には実現されていなくても>、<実現されたかのような波動を送り出す>と<必ず実現される>。(エイブラハム)

○<人生>とは、<生命力の感覚>である。(エイブラハム)

○<自分が誰かの提供するものを持てる>のは<自分が繁栄することによってだけである>、もし<他人の助けになりたい>なら<出来る限り力を持ち、大いなるものと波長を合わせ、ワクワクすることだ>。(エイブラハム)

○<成功を推し量る基準>は、<自分が感じる[喜びの量]なのだ>。(エイブラハム)

○<不変の状況>とは、<不変だ>と信じている故に<不変である>に過ぎない。(エイブラハム)

○どんな<病気>も、<それから注意を逸(そ)らすことが出来、異なった波動が優勢になると、数日以内に治すことが出来る、どんな[病気]もだ>。(エイブラハム)

○<健康>になりたかったら、<身体>について考えるのを止め、<楽しいこと>だけを考えてると<身体>は<自然な健康状態を取り戻す>。(エイブラハム)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へにほんブログ村







author:心野琴線, category:引き寄せの法則, 12:20
comments(0), trackbacks(0), -