生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
スピリチュアリティ・意識
本(ネヴィル・ゴダード著『想定の『超』法則』)   4       

○<意識(光)>は<唯一の実在>であり、<人生に起きる出来事すべての根本原因>である。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識>こそが、<幸せな未来を生み出す唯一の原物質>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<自分の願いは既に実現している>という<気持ち(気分)>に成り切って行動することです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<既に望みが叶っている>という<気持ち(気分)になる>】ことが、【<未来の夢>を<今の現実>にする】のです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<願いが既に実現している>という<気持ち(気分)>に<注意>を<絞り続ける>】ことが、【<大いなる成功の秘訣>です】。(ネヴィル・ゴダード)

○<想像で見る世界>が、<真の世界>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<より崇高な人生>は、<想像力を剪定した結果>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<内界で注意する方向を支配する時>に、<運命の支配者になる>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○<望みが既に遂げられている>と<想定する時>に、<より高い精神レベルに引き上げられます>。(ネヴィル・ゴダード)

○<成りたい自分に既に成っている>ことに、<想い>を<定める>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○<既に理想の人生を楽しんでいる>と<信じ切る>ことが、<人生の真の目的を遂げる鍵>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<現状>に囚われずに、<望みが既に実現している>ことを<想定する>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○<行う>ためには、<既に成っている>必要があります。(ネヴィル・ゴダード)

○<自分の望むものを既に持っている>と<想定する>のです、<自分の存在がそれ一色と化すほど、その気持ちに完全に浸るのです>。(ネヴィル・ゴダード)

○<良いもの>だけに<集中する>、<善いところ>だけを<見る>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○<願望>は、<既に得た>という<自覚>に始まり、<この気持ち(気分)を貫く>ことで<実現する>。(ネ
ヴィル・ゴダード)

○<望みが既に実現している>という態度を<貫く(繰り返し想定する)>必要があります。(ネヴィル・ゴダード)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:スピリチュアリティ・意識, 08:23
comments(0), trackbacks(0), -
スピリチュアリティ・意識
評価:
ネヴィル・ゴダード
ヒカルランド
¥ 1,440
(2018-02-14)
コメント:なるほどと思う言葉が満載です。

本(ネヴィル・ゴダード著『世界はどうしたって「あなたの意のまま」』)  3         

○<夢を実現したい>なら、<既に夢を実現した気分になれ>!(ネヴィル・ゴダード)

○<現状に見えていること(自分の外側の状況)>から<注意>を逸らし、<望む状態(既に夢を実現した気分)>まで<意識>を高めることです。(ネヴィル・ゴダード)

○<祈り>とは、【<望む状態(既に夢を実現した状態)>に<成っている>】と<自覚する>ことです。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識(既に夢が実現した気分になること)>こそが、<夢実現>を招く道であり扉です。(ネヴィル・ゴダード)

○【<現状>を<変えたい>】ならば【<自分の意識>を<変える>他ありません】、【<自分が意識すること>は<自分の周りの現象>となって現れます】、【<どんなに小さな出来事>も<自分の意識の反映>なのです】。(ネヴィル・ゴダード)

○【<境遇>も<出来事>】も、【<すべて>は<自分の意識の反映>なのです】。(ネヴィル・ゴダード)

○<自分>を【<力を持つ巨人>だと<感じましょう>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<自分の意識>が、<自分の状況>を招きます。(ネヴィル・ゴダード)

○【<今の自分の状況>が<自分の意識>を決める】のではなく、【<自分の意識したこと>が<その通りの状況を招くのです>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<存在の自覚>が、<神(大いなるもの)>である。(ネヴィル・ゴダード)

○誰のことも<非難しない>!(ネヴィル・ゴダード)

○<心の内で決意したこと>は、<間違いなく周囲に知れ渡る>。(ネヴィル・ゴダード)

○<注意>は<命を送る樹液>です、<人生で起こる諸々の現象>は<自分の注意の産物>なのです。(ネヴィル・ゴダード)

○<今抱えている問題を解決したい>なら、【<意識>を<そこから逸らすだけで良い>のです】。(ネヴィル・ゴダード)

○たとえ<その問題>が<現実>だと思えても、<意識>の中では<無視する>のです、<無関心>を装い、<問題が既に解決している状態>を<自分の内で感じて下さい>。(ネヴィル・ゴダード)

○【「私は〇〇だ」と<望む自分>を<心の中>で<宣言する>】と、<その通りになります>。(ネヴィル・ゴダード)

○【<意識>の中で、<問題は既に解決した>との<感覚(フィーリング)>に触れた時】、【<問題>は<実際に解決します>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<他人>は、【<今の自分>を<映し出している>に過ぎません】。(ネヴィル・ゴダード)

○<今の状況のすべての原因>は、<自分>にある。(ネヴィル・ゴダード)

○<心に浮かぶすべての願望>を、【<神(大いなるもの)>が<語る言葉(約束)>だと受け止めましょう】。(ネヴィル・ゴダード)

○人が<意識を変えた時>にのみ、<現象>は<無くなります>。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識>のみが、<現実>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<天国>は、<自分の意識の中にのみ見つけられます>。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識>こそが<唯一の現実>で、この<意識>の深淵において<願望>を<獲る>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<今あるすべての<問題>と<制約>】に、<完全に背を向けましょう>。(ネヴィル・ゴダード)

○<貧困>や<病>という名の洞窟にはまった時には、<借金>や<症状>等の<問題>から<意識を逸らし>、<望む状態(既に願望実現した時の気分)>へ向けるのです(感じるのです)。(ネヴィル・ゴダード)

○【自分が<在る>と<意識したこと>】は、<皆大きくなります>。(ネヴィル・ゴダード)

○<見えていないことが現れる>と<宣言しましょう>。(ネヴィル・ゴダード)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:スピリチュアリティ・意識, 10:03
comments(0), trackbacks(0), -
武術・芸術・スポーツ
本(原 晋著『フツーの会社員だった僕が青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』)         

○<時代遅れ>は<手遅れ>になる。(原 晋)

○<一番辛い時に明るくなれる人>が、<リーダー>である。(原 晋)

○<迷った(失敗した;困った)時>は、<基本に立ち返れ>!(原 晋)

○<チーム>は、<監督の器以上のチームにはならない>。(原 晋)

○<相談出来る空気を作る>のも、<指導者の務め>である。(原 晋)

○<答えが出る>まで<待つ>!(原 晋)

○<結果>を出したいなら、<過去の実績>ではなく<今の状態>です。(原 晋)

○<管理職の仕事>は、<感じる(本気で観察する)ことだ>。(原 晋)

○<常識>を破らなければ、<強い組織>にはなれない。(原 晋)

○<能力を開花させる人材>は、<オーラを放っている>。(原 晋)

○<勝てる組織>を作りたいのなら、「来て下さい」とお願いしないことです。(原 晋)

○<お互いにメリットがある関係>がなければ、<組織>も<人>も<伸びない>ということです。(原 晋)

○<出来る理屈>を<考えろ>!(原 晋)

○<ピーキング>は、<一発勝負に欠かせないスキル>です。(原 晋)

○<成長させたい>なら、<見守りなさい>。(原 晋)

○<伸びる人間>には、<覚悟がある>。(原 晋)

○<まともなことを言い続ける>と、<最終的に仲間は残る>。(原 晋)

○<良いと思う>なら<やってみれば良い>、やって<駄目だと思った>ら<止めれば良い>だけだ。(原 晋)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:武術・芸術・スポーツ, 09:37
comments(0), trackbacks(0), -
スピリチュアリティ・意識
評価:
---
---
---
()
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(松原照子著『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)         

○<日頃から言葉を大切にしている>と素敵なことが起こり、<悪い波長>は混在し難くなります、<言葉>には<大いなる意味が宿っていて、人生を大きく変える力がある>。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<この世の出来事>は、<あの世で自分が決めて来たこと>です。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<この世の人生のあらゆること>には、<意味と目的(光の魂を磨くためのもの)>があります。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<この世のこと>は、<すべてあの世で自分が設定して来た課題>です。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<すべての経験や達成>は、<魂磨きのため>です。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<この世での成功者の多く>は、<誰かに助けられている>と感じ<感謝の気持ち>を忘れない。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<自分との会話>を大切にしなさい。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<自分との会話>は、<本来の自分を取り戻すこと>でもある。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<言葉>は、<人生を大きく変化させるきっかけ>になる。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<新しいものに取り組む>のは、<課題解決>や<魂磨き>に繋がる。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)

○<心が沸き立つようなこと>は、<あの世で自らが設定した課題である>かもしれない。(『「あの世」の先輩方が教えてくれたこと』)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:スピリチュアリティ・意識, 08:44
comments(0), trackbacks(0), -
仕事・経済
評価:
価格: ¥ 1,728
ショップ: 楽天ブックス
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(三條慶八著『お金の残し方、回し方』)         

○<会社経営>とは、<お金が回るようにすることだ>。(三條慶八)

○<銀行>は、<自分の会社の取引業者の一つだ>と考えることです。(三條慶八)

○<自信満々の態度>は、<どんなに会社がしんどくて大変な時も変えてはいけない>。(三條慶八)

○<保証協会融資>は、<金利>だけでなく<保証料>まで負担させられる。(三條慶八)

○<お金>は、<プロパー融資>で借りるようにする。(三條慶八)

○<税金>と<社会保険料>は、絶対に遅延してはいけない。(三條慶八)

○<取引銀行>は、<3行以上との取引をする>ようにする。(三條慶八)

○<無借金経営>だと、いざという時(自然災害や納入先の倒産等>に<繋ぎ資金>が用意出来ない<リスク>があるため、<ある程度の[借金経営]をして置く>必要がある。(三條慶八)

○<会社の借金上限金額>は、【<減価償却費>+<利益の60%(利益−税金[40%])>】までとする。(三條慶八)

○<借金返済>は、<5〜7年、最長でも15年以内>に完済することです。(三條慶八)

○<銀行融資>は、<2月か8月>に申し込む。(三條慶八)

○<会社経営>では、<税理士>とは全く異なる<経営者の視点>が大変重要です。(三條慶八)

○<税理士・会計士>を全面的に信用してはいけない。(三條慶八)

○<銀行による融資判断の拠りどころ>は<決算書>です、銀行がお金を貸してくれる<決算書>にすることです。(三條慶八)

○<プロパー融資>は、<復活の道を与えてくれる融資>です。(三條慶八)

○<日本政策金融公庫>や<政府系銀行>で借りてはいけない、それは<保証協会融資>同様に<民間サービサー処理をしない>からです。(三條慶八)

○<法人取引銀行の借入口座>と<個人口座>を同一の銀行にしてはいけない。(三條慶八)

○<会社の入金口座>と<借入口座>を同一銀行にしてはいけない。(三條慶八)

○<入金口座>は、<借入の可能性が無い都銀>を中心にして置く。(三條慶八)

○<会社経営で本当に怖いこと>は<資金がショートすることです>、<手許現金>は<不測の事態(天変地異等)>に備えて<金利にビビらずに目一杯借りて置く>ことです。(三條慶八)

○<手許に分厚い現金があるなら>、<大抵のことは乗り越えられる>。(三條慶八)

○<分厚い手元資金が出来る>と、<経営に余裕が生まれます>。(三條慶八)

○<お金>は、<借りられる時に借りられるだけ借りて置き、[万一の備え]として置く>。(三條慶八)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:仕事・経済, 08:58
comments(0), trackbacks(0), -
成功・豊かさ・幸せ
評価:
---
---
---
()
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(浦田健著『魚を与えるのではなく、サカナの釣り方を教えよう』)         

○<お金を稼ぐこと>を躊躇してはいけない。(浦田 健)

○<他人のため>に<お金を使う>。(浦田 健)

○<お金>は、<感謝して使う>と<又帰って来てくれる>。(浦田 健)

○<好きなこと&他人にとって良いこと>を<仕事にする>。(浦田 健)

○<成功>は、<自分の心が決める>。(浦田 健)

○先ずは、<1,000万円>貯める。(浦田 健)

○<お金を働かせる方法>を<常に考え>、<小さなお金の流れ(収入源)>を<沢山作る>。(浦田 健)

○<社会に役立つもの>を<提供する>。(浦田 健)

○<誰かのためにやる>から、<誰かが助けてくれる>。(浦田 健)

○<常に目標に向かって動いている>と、<必要な人が引き寄せられる>。(浦田 健)

○<準備が整う前>に、<走りながら考え、始める>。(浦田 健)

○<7割>を目指す。(浦田 健)

○<問題>は<常に起こる>、<リフレッシュ>してから<問題>に取り掛かる。(浦田 健)

○何があっても<成功を信じる>。(浦田 健)

○<相手>は、<自分を写す鏡>です。(浦田 健)

○<他人を喜ばすこと>を<常に考える>。(浦田 健)

○<自分に解決出来ない[問題]>は、<起こらない>。(浦田 健)

○<普通のこと>を<誰よりも徹底的にやる>。(浦田 健)

○<良い習慣>を身に付け、その奴隷になる。(浦田 健)

○何事にも、「ありがとう」と感謝する。(浦田 健)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:成功・豊かさ・幸せ, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
教育・脳
評価:
谷川 祐基
CCCメディアハウス
¥ 1,728
(2018-03-27)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(谷川祐基著『賢者の勉強技術』)         

○<賢者>とは、<最短時間で楽しく最大の成果を得る者>であり、<愚者>とは<努力は苦労と履き違えている者>である。(谷川祐基)

○<教育に責任を持つべき>なのは、<子供自身>です。(谷川祐基)

○<宿題>で<学力>は伸びない。(谷川祐基)

○<家で勉強しない子>は、<優秀な生徒の証>です。(谷川祐基)

○<勉強効率を上げること>こそが<努力>です。(谷川祐基)

○<勉強が嫌いな子>はおらず、<勉強のやり方が悪い子>がいるだけです。(谷川祐基)

○「将来のため」という言葉が、<勉強嫌い>を育ててしまう。(谷川祐基)

○<先生の話をよく聴くこと>が、<成績アップの効果が高い>。(谷川祐基)

○<塾>に<成績を上げる効果は無い>。(谷川祐基)

○<答え合わせ>の技術が大事です、それは【<答え合わせはすぐやる>;<自分の解答は消さない>;<答え合わせの後に時間をかける>;<問題に〇×△を付ける>;<×が多いほど喜ぶ>】です。(谷川祐基)

○<最も勉強効率の高い日>は、<テストが返って来た日>の<勉強時間>です。(谷川祐基)

○<最強のノート術>は、<板書丸写し>です。(谷川祐基)

○<出題者の立場>になって、<出題>の<練習>をする。(谷川祐基)

○<予習>は必要無く、<授業>→<復習>→<復習>が効果がある。(谷川祐基)

○<復習方法>は、<その日に学んだことを要約する>ことです。(谷川祐基)

○<沢山の教材>は<勉強効率を落とします>、<1つの教材>を<何回もやった方が成果が上がります>。(谷川祐基)

○<学力>とは、<学ぶ力>のことです。(谷川祐基)

○<勉強>とは、<相手の伝えたいことを分かってあげること>です。(谷川祐基)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:教育・脳, 09:16
comments(0), trackbacks(0), -
健康・子育て
評価:
竹内 孝仁
講談社
¥ 905
(2013-06-21)
コメント:なるほどと思う事柄がある。

本(竹内孝仁著『水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない』)         

○<水分を多く摂る>ことは、<最強のボケ封じ>です。(竹内孝仁)

○<認知症>は、<水を飲めば治る>。(竹内孝仁)

○<運動する>と、<ボケは予防出来る>。(竹内孝仁)

○<尿失禁>は、<水を飲む>と止まる。(竹内孝仁)

○<便秘>は、<認知症対策の大敵>である。(竹内孝仁)

○<高齢者>は、<少しハードな運動(汗がにじむくらい)をすべきです>。(竹内孝仁)

○<介護に最も必要なもの>は、<共感力>である。(竹内孝仁)

○<認知症>とは、<分からなくなる病気>である。(竹内孝仁)

○<認知症>は、<脳の病気>ではなく<心の病気>である。(竹内孝仁)

○<認知症>は<精神疾患>であり、<ケアで治る>。(竹内孝仁)

○<脳トレ>は、<認知症>には効果が無い。(竹内孝仁)

○<薬>は、<半年飲んで効果が無ければ止めた方が良い>。(竹内孝仁)

○<認知症患者>には、<デイサービス>を勧めたい。(竹内孝仁)

○<他人と交流すること>は、<本人のリフレッシュにもなる>。(竹内孝仁)

○先ずは、<介護認定>をしてもらい、<介護サービス>を受けるべきだ。(竹内孝仁)

○<役割>が、<人を生き返らせる>。(竹内孝仁)

○<薬漬け治療>は、<何も改善しない>。(竹内孝仁)

○<オムツを外す>と、<自分でトイレに行ける>。(竹内孝仁)

○<オムツを外す>と、<本人がどんどん元気になる>。(竹内孝仁)

○<元気な人>ほど、<コロッと死ねる>。(竹内孝仁)

○<認知症>は、<癌>や<心筋梗塞>に比べると、<ならない人の方が圧倒的に多い>。(竹内孝仁)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:健康・子育て, 03:54
comments(0), trackbacks(0), -
成功・豊かさ・幸せ
評価:
---
---
---
()
コメント:なるほどと思う言葉が多い。

本Keiko著『願う前に、願いがかなう本』)   2      

○<願い>は、<大いなるもの>に<叶えてもらう>ものです。(Keiko)

○<大きな愛>は、<光>となって溢れ出す。(Keiko)

○<相手の目>を見て、<笑顔>で挨拶する。(Keiko)

○目が合ったら、<ニッコリ>する。(Keiko)

○「ありがとう」を忘れずに言う。(Keiko)

○【<マゼンダ色の愛(マゼンダのエネルギー)>が<相手のハート>に浸み込んで行く】ように<イメージする>!(Keiko)

○【<マゼンダエネルギー>を<放つ>】ことで<しなやかに生きる>。(Keiko)

○<未来>は、<イメージング>で<変更可能です>。(Keiko)

○<愛>と<イメージ>は、<共通言語>です。(Keiko)

○<同じことが続く>のは、<宇宙(大いなるもの)からのお知らせ>です。(Keiko)

○<気になるもの>は、<サインの一つ>です。(Keiko)

○<宇宙(大いなるもの)からのサイン>は、<現時点での答え>です。(Keiko)

○<宇宙(大いなるもの)からのサイン>を<受け取った>ら、即<行動に移す>!(Keiko)

○<自分の好きなこと、他人から応援してもらえること>が、<自分のフィールド(ホーム)>です。(Keiko)

○<直感>を信じて<行動する>!(Keiko)

○<直感>は<究極のナビ>です。(Keiko)

○<他人の願いを叶えてあげる>と、<自分の願いも叶う>。(Keiko)

○<ガッカリすること>は<ラッキーの前触れ>、<ハプニングを起こしてまでも経験して欲しいことがある>ってことなの。(Keiko)

○<この世>はすべて<陰陽の法則>で動いている、<何が何でも>より<ま、いっか>の方が<スンナリ叶うことが多い>。(Keiko)

○<陰陽の法則>により<与えれば入って来る>、【<損になること>を<喜んでやる>(敢えてマイナスを作
る)】と<運気UPする>、<敢えてマイナスを作る>と<願うもの>が入って来る。(Keiko)

○【<良いこと>が<続いた時>】は、【自分から<マイナス>を作って、<エネルギーのバランス>をとる】。(Keiko)

○<万が一願いが叶わなくても>、<宇宙(大いなるもの)はそれ以上のものを用意してくれている>。(Keiko)

○<何故か邪魔が入る>のは、<方向転換のサイン>です。(Keiko)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:成功・豊かさ・幸せ, 09:48
comments(0), trackbacks(0), -
引き寄せの法則


本(エスター・ヘックス著『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』)   2  
    
○<引き寄せの法則>とは、<その時の自分自身に似たものを引き寄せる>ということだ。(エスター・ヘックス)

○<思考>を監視しようとするよりも、<自分の感情>に<関心>を向けた方が良い。(エスター・ヘックス)

○<人生経験>はすべて、<自分が引き寄せている>。(エスター・ヘックス)

○<欲しいもの>のことを考えていれば<心地良い>し、<欠落>について考えていれば<心地良くない>、<欲しいもの(良い気分)>に<焦点>を定めていると<欲しいもの;意図的な創造;望み>が<引き寄せられる>。(エスター・ヘックス)

○人生の中に<望まないこと>があるなら、<関心>をそこから<別のところ>に向けなくてはいけない。(エスター・ヘックス)

○もし<望むこと>が<なかなか実現しない>としたら、<それが実現しないということ>を<考えているからだ>。(エスター・ヘックス)

○<目の前の現実>に<関心>を向けるのではなく、ひたすら<欲しいもの>の方へ向けなさい、<欲しいもの>のことを考えて口にすればするほど<望み>は<迅速に実現するだろう>。(エスター・ヘックス)

○<今、自分が望むこと>に<思考>を<向けなさい>。(エスター・ヘックス)

○<自分が想像出来るもの>なら、<何でも創造する力を持っている>。(エスター・ヘックス)

○【<自分が感じているのと同じこと>を<次々に引き寄せる>】のが、<引き寄せの法則>というものです。(エスター・ヘックス)

○【<問題>を<観察する>】のではなく、【<解決策(既に願望実現した気分)>に<フォーカスする>】ことです。(エスター・ヘックス)

○<自分>は【<自分が見たいと思うこと>を<探してみる>ぞ】という、<固い意志>を持つことが大切だ。(エスター・ヘックス)

○【<自分がおくりたいと思う人生のイメージ>を<はっきり描く>】ことで、【<自分の人生>に<心地良く滑らかな道>を敷くことが出来る】。(エスター・ヘックス)

○【<欲しないこと>には<思考を向けない>】ことが大切です。(エスター・ヘックス)

○【<自分が欲すること>だけを<見たい、見よう、見える>】と<思う>ことが大切だ。(エスター・ヘックス)

○<物質世界のすべての存在>は<感情>という形で<内なる存在(大いなるもの)>とコミュニケーションしている、<前向きの感情>になれば【自分が<内なる意図(大いなるもの)>と<調和している>ことが分かる】。(エスター・ヘックス)

○<幸せな気分(良い気分)>でなければ<望むもの>を<引き寄せられない>し、<本来の自分>を遠ざけることになる。(エスター・ヘックス)

○<幸せになる>のは<自分が望むことに思考を向けている時だけだ>、だから<自分が望むことだけに関心を向けている>と<どんな状況でも幸せになれる>。(エスター・ヘックス)

○<自分が特に望むこと>に<意識的に関心を向ける>ことは、とても大切なことだ。(エスター・ヘックス)

○<解決策>は、【<対立>から<目をそらし>、<自分が望むこと>にだけ<目を向ける>ことにある】。(エスター・ヘックス)

○<現状>だけを見ている限り<そこから抜け出すことは出来ない>、<見たいものを見る>ことをしないと<欲しいもの>を<引き寄せる>ことは出来ない、<現状>への<関心>は同じような<現状>を生み出すだけだ。(エスター・ヘックス)









にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村







author:心野琴線, category:引き寄せの法則, 09:15
comments(0), trackbacks(0), -