生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
スピリチュアリティ・意識
評価:
ネヴィル・ゴダード,奥平 亜美衣(序文)
ヒカルランド
¥ 1,620
(2016-06-28)
コメント:なるほどと思う言葉が満載です。

本(ネヴィル・ゴダード著『もう君はそこにいる!』)   4       

○【<夢>を<現実だ>と<実感する>】と、【その<夢>は<実現する>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<願望実現の鍵>を握っているのは<感情(気分)>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<人生のすべて>は、<思考>と<感情(気分)>を使った<共同作業>であり<創造活動>である。(ネヴィル・ゴダード)

○<世界のすべて>は、<自分で決めた[意識]の現れ>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識>とは、<全世界の実体>であり、<原因>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<意識>は、<唯一の実在>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<思考>は、<感情(気分)>を介して<潜在意識>に刻まれる。(ネヴィル・ゴダード)

○<感情(気分)のコントロール>は、<豊かで幸せな人生のために極めて重要>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<感情(気分)>と<目に見える世界(現実)>との間には、<切り離せない繋がり>があります。(ネヴィル・ゴダード)

○<体>は、<感情(気分)のフィルター>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<抑圧された感情(気分)>は、<あらゆる病気の原因>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<後悔>や<挫折感>を抱いてはいけない、<実現したいことだけ>を<感情(気分)を込めて考える>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<求めている状態>を<ありありと感じ>、<現実だ>と確信しながら生活し振る舞うこと】こそが、【<あらゆる奇跡>を起こす方法】です。(ネヴィル・ゴダード)

○<気持ち(気分)を変える>ことは、<運命を変える>ことです。(ネヴィル・ゴダード)

○【心で<本当だ>と<感じられる>】なら、【<潜在意識>は<何でも実現出来ます>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<この世のあり様>は<自分の気分の反映>であり、<外側>は<自分の内側を映す鏡>です。(ネヴィル・ゴダード)

○<すべて>は、<内(潜在意識)から来ます>。(ネヴィル・ゴダード)

○<目に見える[現実(現状)]になる>のは、<成っている>と<感じた自分>だけなのです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<五感から入って来る証拠(現状)>は<否定>して、代わりに<望みは既に叶っている>と<感じる>】ことが、【<願望実現の方法>です】。(ネヴィル・ゴダード)

○<現状>がどうであれ、<感じたいこと>を<自由自在に感じられるようになる>ようにする。(ネヴィル・ゴダード)

○<望みは既に叶っている>と<感じた時>に初めて、<潜在意識>は<その願望に形を与える>のです。(ネヴィル・ゴダード)

○<眠りに落ちる前>には、<必ず[望みは既に実現している]と[感じている]>必要があります。(ネヴィル・ゴダード)

○<自分は既に成っている>と<実感する(気分に成り切る)>と、<その通りの自分>に成ります。(ネヴィル・ゴダード)

○<[祈り]は[既に叶っている]>と信じることです。(ネヴィル・ゴダード)

○【<求めるもの>を<既に持っている>時と<同じ感情(気分)を抱く>】と、【その<祈り>は<必ず実現します>】。(ネヴィル・ゴダード)

○<[祈り]を成功させる>には、<[願い]は[既に叶っている]気分になる>必要があります。(ネヴィル・ゴダード)

○<感情(気分)>は、<人生における行動や状況の原因>になる。(ネヴィル・ゴダード)

○<成りたい自分に既に成っている>という<気分>に<成り切る>ことです。(ネヴィル・ゴダード)

○<実現出来ない人生の目標>は無い。(ネヴィル・ゴダード)

○<書き換えた(剪定した)一日>は、<未来>になる。(ネヴィル・ゴダード)

○<天国に生きる唯一の術>は、<忘れて赦すこと>だ。(ブレイク)

○<出会う人>は皆、<自分の一部>です。(ネヴィル・ゴダード)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村








author:心野琴線, category:スピリチュアリティ・意識, 08:53
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:53
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://ikikatahakken.jugem.jp/trackback/2679