生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
生き方・人生
評価:
早瀬 利之
双葉社
¥ 600
(2016-08-04)
コメント:なるほどと思う言葉がある。

本(早瀬利之著『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)              

○<日本が敗れた理由>は、【<作戦の間違い>と同時に、<日本が民主主義でなかったからだ>】と石原莞爾は遊説先で話した。(『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)

○終戦後は、「敗戦は神意なり、後のカラスが先になる日が必ず来る!」と石原莞爾は悲嘆にくれる国民を励まし続けた。(『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)

○<都市解体;永久平和;農工一体>が、石原莞爾の日本国家の進路の根幹だった。(『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)

○太平洋戦争に負けたのは東條ら指導者が無能だったからで、私が総参謀長だったらアメリカには負けていなかった。(石原莞爾)

○<第一級の戦犯>は、<広島・長崎に原爆を落とし、東京・大阪・横浜・神戸その他を空襲し、非戦闘員を大量に虐殺したトルーマンだ>。(石原莞爾)

○<石原莞爾関東軍作戦参謀>は、<たった一万の兵隊で、近代装備の二十二万の張学良軍を制圧し、満州全土を占領した>。(『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)

○<勝者>は<敗者>に対する<思いやり>こそ大切である、<武力>に勝ち、<精神>にも勝ってこそ、初めて<勝者>になり得るのである。(石原莞爾)

○<教育>は、<教育者>が<被教育者>の立場に立って行うことによって初めてその効果も目的も達せられるものである、<教育>は何といっても<教育者><被教育者>の<心の通いが大切である>。(石原莞爾)

○<大局に立って見ようとしない無能な指導者>が集まると、それは<不幸の始まり>でもある。(早瀬利之)

○<敗戦の最大要因>は、<国民道徳の頽廃>にあった、何を言っても国民の<道徳・知性・勇気>が足らなかったからだ。(『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』)










にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

にほんブログ村






author:心野琴線, category:生き方・人生, 19:13
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:13
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://ikikatahakken.jugem.jp/trackback/2776