生き方発見のロゴマーク
心に響いた凄い取り組みブログ
〔生活習慣病・暮らしの便利グッズ・自己啓発〕に関する、実際に使用してのお薦め商品ブログ

メルマガ購読・解除
生き方発見の場
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
健康
評価:
斎藤 孝
角川書店
---
(2003-12)
コメント:なるほどと思う言葉が多い。

 

(齊藤 孝著『呼吸入門』角川書店)の言葉から引用

 

  <息(呼吸)>とは<一つの身体文化(腰肚文化)>なのです。


 
<体を真っ直ぐに立てる>と、それだけで<意識の覚醒作用>があります。


 
<頭を下げて腰を入れるお辞儀をする>と、<学習の構え>が出来ます。


 
お尻の穴を触って<お尻の穴に指がズブッと入る>ようだと、<言っていること>も<実行は出来ないものです>。(野口(はる)(ちか)


 
<呼吸力>が、人間の<精神力や行動力>を規定します。


 
呼吸力とは、〔<息をどれだけ深く長く続けることが出来るか息と動きをどれだけ連動させることが出来るか>〕の2点に集約出来ます


 
動きと連動した深く長い息>こそが、<モードの持続力>を決定します。


 
<テンポの良い動き>は、<必ず呼吸と連動しています>。


 
リズムよく呼吸出来る>と、<人間は疲れない>のです。


 
息を<細く長く吐き続ける>。


 
<心の平静さを維持する>には、<呼吸を全うさせれば良い>。


 
体に中心軸を作る、<力みが抜ける>。


 
理想の呼吸法ゆったりとした呼吸;3−2−15)>とは、<鼻から3秒間息を吸って、2秒間お腹の中にグッと()15秒間かけて口から慣れて来たら鼻からでも可細くゆっくりと吐く>。


 
理想の呼吸法ゆったりとした呼吸;3−2−15)>を<技として身に付ける(どこへでも持ち運び可能な寺院を持っている状態になる)>。


 
<教育の基盤>は<息>である。


 
<帯を締める>というのは<制限>ですが、<制限がある>ことによってむしろ<お腹に力が入り易くなります>、それが<力を出し切るための装置になっています>、<鳥>も<空気の抵抗>が無くては飛ぶことが出来ない、<抵抗>が有るから力が出せるのだ。


 
教育とは、<どういう抵抗を設定するかどうやって子供に抵抗を与えるか)>がすべてでなのです


 
<ムカツク>とは<鳩尾(みぞおち)つか感覚って心身平静状態原因


 
<学習の構え>は<呼吸から生まれます>。


 
<達人の境地を最短距離で会得するための道>が<>だったのです。


 
>とは、あくまでも<呼吸の結果として生じるもの>です。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

author:心野琴線, category:健康・子育て, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://ikikatahakken.jugem.jp/trackback/670